【活動日誌】感謝(総4・浦部連太朗)

お世話になっております、総合政策学部4年の浦部連太朗です。
最後の活動日誌となってしまいました。この場をお借りして様々な方への感謝を伝えたいと思います。

まずは、実績も実力もない私に受験を勧めてくださった宗雲監督とOBの皆様、
本当にありがとうございました。地元を離れ、憧れの慶應義塾大学でバレーボールができたことは私にとって大きな財産となりました。この4年間で得た財産を糧にこれからも頑張ります。

同期のみんなへ、
この一年悔しいことの方が多かったけど、この8人だったからやってこれたのかなと。プレーヤーとして、4年生としてチームに貢献できたかはわからないけど、自分を受け入れてくれてありがとう。

後輩のみんなへ、
来年以降、結果を残せると確信しています。吉田主将が納会でも言っていた通り、一人一人が自主性を持ったバレーボールへの取り組み方、考え方は他大学には無い慶應義塾大学バレーボール部の強みだと思います。一部昇格、日本一の報告を楽しみにしています。

4年間本当にありがとうございました。