【活動日誌】感謝感激(商4・湯通堂弘起)

日頃よりお世話になっております。
商学部四年の湯通堂弘起です。

まず初めに、今までご指導、ご支援してくださった皆様大変ありがとうございました。

さて、四年間書き続けた活動日誌も早いもので最後となりました。恥ずかしさもありますが、少しだけ私の思い出話にお付き合いください。
初めに、1年間浪人生活をしていて、実績もない私がなぜ入部を決めたのかを書かせて下さい。それは大学四年間でも何か目標を持って熱く生きたい、もう少しレベルの高い場所でバレーボールがしてみたいの2点でした。とは思っていても、楽をして生きたい私の性格上ほんとに入りたいという気持ちは少なく、とりあえず顧問に大学でもバレーやるかもしれませんと伝えた事が裏のきっかけです。すると国立大学に落ち慶應義塾大学に入学が決まった次の日に、その話が伝わったのか中学の時少しだけ同じチームでプレーしていた増田拓人さんから連絡がきて練習を見学にすることになりました。この連絡がなかったら私は体育会バレーボール部に入部はしていなかったので、増田前主将には大変感謝しております。

入部前はひたすら苦しく1年次は過ぎていくものであると考えていましたが、入ってみると先輩たちはとても優しく、特に野瀬主将をはじめとする当時の四年生の方達からはバレーボールの知識など様々な事を教えていただきました。
先輩たちには感謝しかありません。

このチームで私は様々な経験をさせていただきました。特に印象に残っている経験として、私達の代は三度の入れ替え戦を経験させていただきました。2部に落ちる悔しさ、1部に上がる嬉しさ、1部残留の安堵感それら全てを味わいました。1部昇格、残留を決めた時ほど熱量を感じた瞬間はないでしょう。大変良い経験をさせていただきました。

最後にこんな素晴らしい四年間を過ごせたのは先輩方、同期、後輩達がいたからなのだと部活を引退して改めて感じています。全部員と仲良くやっていけたからこその慶應義塾体育会バレーボールだと思います。関わっていただいた全ての皆様、四年間ありがとうございました。

それでは失礼いたします。