【活動日誌】心技体(法2・増田広樹)

日頃よりお世話になっております。
法学部2年の増田広樹です。
清々しい初夏を迎え、木々の緑も日増しに深くなってまいりました。なお一層お健やかにお過ごしのことと存じます。

皆さんご存知のように練習の最後に「本日の練習について」という制度があります。
先日、私が指名されました。その日私が発表したものは稚拙なものだったのか、伊藤主将に御指導頂きました。問題点に対して、その原因を考え、それに対して解決策を探りどのような練習をしたらよいかという所まで考えて発表しなければならないという旨でした。
それを受けて次の日も発表したのですが不合格でした。林先輩が親身になって貴重なアドバイスをしてくださり3日目に遂に、一応の及第点をいただけたようです。
本日の練習についてで出た問題点を出した人だけでなくみんなで全員が解決策を考えていければよりよいものを作り上げていけると信じております。

また、昨日はスポーツモチベーションの栗城さん達が来ていただき、股関節や下肢の新しいトレーニングを教えていただきました。
本来2セットのところ当日は1セットしか行わなかったのですが、とてもつらく今日も激しい筋肉痛が来ております。
しかし、今までのコアトレーニングを最大限生かして行くため、部員一丸となってさらなるトレーニングの上積みをして参ります。

このように練習のなかで、本日の練習についてという制度で心を、トレーニングで体をと、まさに心技体すべてを養っております。

皆様より一層のご支援、応援をよろしくおねがいします。
失礼致します。