【活動日誌】当たり前(環3・谷口聡)

日頃よりお世話になっております。
 環境情報学部3年谷口聡です。
 夏に向けて暖かくなる一方なのかと思いきや、私の住む横浜ではここ数日肌寒い日が続いております。今後も安定しない天気が続くそうなので体調管理には十分ご注意ください。
 先日中学時代の友人たちが横浜まで遊びに来てくれました。お互い20歳を超え、お酒を飲みながら過去の中学時代の楽しかった話や今だから言える恥ずかしい話、お互いの今についての話で大いに盛り上がりました。友人たちが帰りひとり家に着いたとき、何となしにこうして会えることは「当たり前」ではないんだなと感じたのです。実際、住む場所も違う友人たちとは会えて年数回ほどで、もしかすると病気や事故で会えなくなるかもしれません。今こうして毎日ように部活で会う同期や先輩、後輩とも卒業すると簡単には会えなくなることでしょう。だから私は今この学生33人のチームでバレーボールはもちろんのこと、様々な会話ができることに大きな価値があると思います。
 
 伊藤主将の下、チーム内で意見交換が盛んに行われるようになり、その結果、リーグ戦4連勝を飾ることができました。しかし、残り3戦、上位に食い込むために今後も難しい試合が続いていきます。本塾の難点はうまくいかないときに著しく会話量が疎かになることです。遠慮して言わなければ相手には伝わりません。苦しいときこそ常時相手を向上させる質の高い会話が飛び交う、そんなチームでありたいです。
 
 このメンバーでバレーボールができることに悦びを感じつつ、勝利に向けて尽力して参ります。引き続きご支援、ご声援のほど、よろしくお願いします。

 失礼します。