【活動日誌】幸せ者(総4・伊藤祥樹)

まず初めにこうして4年間バレーボール部の一員として活動できたのは監督、部長、OB会長はじめ多くの方々のおかげだと思っております。ありがとうございました。

 こうして全カレで引退を迎えた今思うことは、悔しさでも達成感でもなくただただ支えてくださった方と部員への感謝です。そんな多くの方に支えられ、愛されている慶應義塾大学バレーボール部に入部できたこと、さらにキャプテンまでもやらせていただき私は幸せ者です。

 この1年間キャプテンとして強い組織を作るために環境を整備し、新しいことに挑戦しました。結果が出ていないので成功したとは思っていませんがこれまで見えなかった部員の素晴らしい人間性が見えたことが私の喜びであり、部員が生き生きとバレーをしていることがどんな大変なことも忘れさせてくれるものでした。今在籍する部員全員が素晴らしいところを持っています。その長所を発揮して輝いて欲しいです。

 この活動日誌でも慶スポの記事でも普段の練習でも偉そうなことばかり口にしていてきっと鼻につく方もいらしたかと思います。申しわけありませんでした。これからはOBとして静かに応援したいと思います。