【活動日誌】好奇心(経2・樋口太樹)

日頃よりお世話になっております。
経済学部新3年の樋口太樹です。
春を感じさせる暖かい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
桜の季節ということで、私は通学途中に見える目黒川の桜を楽しみながら日々の練習に励んでおります。

今回は、私たちの新たな持ち味になるであろう「好奇心」について書かせて頂こうと思います。

ここ最近、本塾バレー部では新しいことにチャレンジする部員が多く見受けられます。
朝4時台に起きてジムに向かう人や毎日練習前にスタバに立ち寄って資格の勉強をする人、脂質が3グラム以上含まれた食品を摂らないと宣言してリュックに鶏むね肉とゆで卵を詰め込む人やNetflixを使って英語学習に励む人など、多くの部員がバレーだけでなく様々なことに対して努力を重ねており、新しい刺激が増えて非常におもしろいなあと感じます。
なかでも、某新入生はプロテインの飲み方に絶対的なこだわりを持っており、プロテインの飲み方ひとつでこれほど考え方が違うのかと驚きを覚えました。

これらの好奇心は、プライベートだけでなく日頃の練習にも活きています。
練習メニューを決める際には、頭で考えるだけでなく「とりあえずやってみよう」と新しいメニューを積極的に取り入れたり、実際に練習するなかでも様々な状況を想定して少しづつ球の出し方を変えたりするなど、バリエーションが豊かになることで毎日の練習がより有意義なものになっていると実感しています。技術的な課題は組織・個人ともに山積みではありますが、今後試合を重ねていく中でこれらを通じて身につけた応用力や対応力がどれほど通用するのか楽しみです。

昨年度に引き続きリーグ戦は無観客での開催となり、応援してくださっている皆様に直接試合を見て頂くことができないのは非常に残念ですが、画面越しでも伝わる熱い気持ちを胸に見ていて楽しいバレーを展開できるようこれからも練習に励んでまいります。
今後とも、応援のほどよろしくお願い致します。