【活動日誌】夏の工夫(経1・樋口太樹)

日頃よりお世話になっております。
経済学部1年の樋口太樹と申します。

夏本番を迎え、暑さもますます本格的になって参りましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

写真に載っているスイカですが、赤川先輩(理3)のご両親から差し入れとして頂いたものです。本日の練習後に部員全員で美味しくいただきました。本当にありがとうございます!

さて、ここ数日で急激に気温が上昇しておりますが、普段クーラーの無い体育館で練習する我々にとっては、日々の技術の向上に加えて暑さとの勝負もまた重要なことであります。そこで最近では、練習中に小休憩を設けたり、練習後には氷水をはったバケツの中で足全体をを冷やしたりするなど、工夫しながら練習に取り組んでいます。

さらに8月からは、1日ごとに練習にテーマを決め、レシーブに重点を置いて練習する日、スパイク、ブロック焦点を当てて練習する日といったように、日々違った目標を持って練習に励んでいます。短い時間の中でいかに効率よく技術を向上させるか、そして暑い中でいかに高い集中力をもって練習に取り組めるかが、この夏の間にどれだけ成長できるかを決める重要なポイントだと思います。

焼けつくような暑さは始まったばかりですが、今後も続くであろう厳しい環境の中で、秋リーグに向けて全力で練習に取り組んでいきます。

まだまだ暑さは続きますが、皆さまくれぐれも体調にはお気をつけて、有意義な夏をお過ごしください。
それでは失礼致します。