【活動日誌】勝利(政3・山田大智)

皆様いかがお過ごしでしょうか。
ここ1週間でぐっと寒くなり、街はクリスマスシーズンに向けた準備といったところですが、肝心な日の予定は例年通り入ることのなさそうな法学部政治学科3年副務の山田大智です。
前回の日誌、秋リーグ中に書いたものですが、全員がいい意味で大人になり全員で日本一を目指したいといった内容でした。あの頃から早2か月が経とうとしています。私自身2度目の入替戦、チームは去年のチャレンジャーで迎えた入替戦と同じくらい、いやそれ以上熱気があり、意地でも勝つんだという想いに満ちていました。チーム全員が勝ちに向かう瞬間はこのバレー部にいるからこそ経験できているのだとつくづく感じています。
自分自身この1年間どうチームに貢献できていたのかと振り返ると、まだまだ足りなかったようにも感じます。勝つために何ができるのか、もっともっと考えて今年のチームに貢献できたのでは?と思います。
泣いても笑ってもあと3日で最後の試合が開幕してしまうので、下を向いている場合ではないですね。
残りの時間を少しでも長く過ごせるように、今年のチームが取り組んできたことが価値のあることだったんだと証明できる試合にしたいと心から思っています。
3年間一緒に過ごしてきた4年生には様々伝えたい気持ちはありますが、まずは勝利です。水臭いことも面倒くさいことも、終わってからでいいです。絶対に勝ちましょう!
OBOG関係者の皆様、ぜひ会場に足をお運びください、必ずや勝利をお届けします。
11/27からの我々を、お楽しみに!!!