【活動日誌】勝つために(政4・山田大智)

皆様いかがお過ごしでしょうか。
法学部政治学科4年、主務を務めております山田大智です。
就職活動をしていることもあり、例年よりこの季節に様々な場所へ行くのですが、長持ちしていた桜が忙しい中でも、心の癒しとなっていました。(写真フォルダが桜だらけです)

さて、新年のご挨拶以来の日誌ですが、チームはリーグ戦を戦っていて、現在4連敗中です。間宮コーチを新たにお迎えし挑む中で、我々の強み、弱み・勝利への道筋・一人一人の取り組みなど、チームの様々なことが見えてきます。トーナメント戦とは違い、負けた後次の試合まで長く時間があるわけではありません。1日1日を大切に過ごすことが一番重要であると感じています。

その中でも、やはり私が1番大事にしたいのは、目の前の試合に勝つために今何をするべきか、を各個人が突き詰めて考える事です。昨秋もリーグ開幕4連敗と全く同じタイミングでの日誌でしたが、伝えたい事はほとんど同じです。前回は、”いい意味で大人になる”という表現をしましたが、ここだけが変わるかな、と思います。

今は、”突き詰めて考える事で、自ずと行動が決まってくる”と考えています。大人になると言うと何か控えめで我慢をする、というような捉え方になりますが、これは間違っています。控えめな伝え方をする、相手を慮って声をかける、厳しい声かけをする、自分の技術向上に専念する。全ての行動は、チームが勝つために何をするべきかを考えた結果であるべき、だと思います。

選手としてプレーをできない私や渉外などマネジメント班の人間はここを突き詰め、選手一人一人にももっと考えてもらえるようなチーム作りを目指したいと考えています。
試合に来ていただける際には、是非思ったこと感じたことを率直に私たちへ伝えてくださると嬉しいです。もちろん動画を見て感じたことも教えていただきたいです。
皆様の期待や声も力に変え、これからのリーグ戦を戦いたいと思っております。どうか、応援のほどよろしくお願いします。

最後になりますが、この春リーグよりチームウェアを一新いたしました。チームの価値向上をさらに進め、皆様に応援していただけるチームを目指しています。是非一度、会場まで足を運んでみてください!

失礼します。