【活動日誌】勝つために(政4・山田大智)

大学バレーのシーズン終わりと共に、めっきり寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
法学部政治学科4年、2019年度主務を務めさせていただいた、山田大智です。

これまで何回も書かせていただいたこの日誌も、とうとう最後となってしまいました。ちょっと変だと言われそうですが、この1年間ずっと、納会の挨拶と最後の日誌で自分はなにを伝えるんだろう、と事あるごとにその時の感情で考えていました。チームを諦めそうになった春シーズンには、何も喋りたくないし書きたくない、なんて思ったこともありました。

実際に終わった今、毎日でも会堂に行ってクタクタになるまでバレーしたい!って思うくらい、未練がタラタラです。引退を受け入れられていないし、もっとチームでやりたい、未だそう思っています。
自分の芯を早く見つけて、毎日真面目に過ごせる私らしい日々を早く取り戻さなければと焦っているところです。

ただ、何を言っても、私たち4年はもう引退しました。
もっとみんなとバレーしたかった。
勝たせてあげたかった。
1部に昇格したかった。
早慶戦で勝ちたかった。
自分の代で誇れる結果が欲しかった。
もっと出来ることはあったんじゃないか?
もっとみんなとコミュニケーション取れたんじゃないか?
自分に言い訳して気を抜いて過ごした練習の何回が無かったら?
覚悟が春のシーズン前に出来ていれば、チームは早くまとまったんじゃないか?

書きながら涙が出るくらい、悔しさでいっぱいです。
結果論だし後の祭りだけど、やっぱ勝たなきゃダメです。勝利は言葉以上に感謝を伝えられるし、利益も報酬もない部において唯一自分自身に与えられるご褒美です。後輩達には自力で掴み取ってほしいです。

残した結果が結果なので、胸を張って言えることも少ないですが、4年になって伝わっていたのは、部に対する姿勢かなと、思います。

勝つために何をするか、常に考え、妥協しない。自分の意見を持ち、議論の中でより良いものに変えていく。
学年で程度の差はあれど、全員出来ます。
慶應で起こる問題はレベルが低いよね、なんて言われることもあったけど、すぐに変われると思います。

散々言い続けてきたので、私がいなくても部則は遵守されると願ってやまないです。笑

伝えたいことは山ほどあって、書ききれないので、ご飯でも試合会場でも、いつでも話しましょう。

そして、ここまでのめり込む場を与えてくださった宗雲監督にとても感謝しています。入部を誘ってくださりありがとうございました。
マルキにもありがとうと伝えたいです。最後まで2人が折れずに戦うことができて、本当に良かった。
早慶戦や、主務の仕事では大勢の三田クラブの方にお世話になりました。生意気な主務でした、ごめんなさい。
他にも様々な関係者の方々、ありがとうございました。

書ききれず、まとまりのない文になってしまいました。
この4年間で得られた経験は、かけがえのないものです。
胸を張って卒業し、社会を先導する人間になって、部に恩返しをしたいと、強く思っています。

本当にありがとうございました。
失礼します。

山田大智