【活動日誌】勝つぞ!(環3・樫村大仁)

日頃よりお世話になっております。環境情報学部3年の樫村大仁です。
新学期が始まったと思っていたのですがもう5月も目の前で、ゴールデンウィークに入りました。時の流れは速いですね。

さて、リーグ戦ももう折り返し地点を過ぎました。チームは現在連敗が続いており、ムードもメンタル的にもあまり良くない状態であるように感じます。
負けが込んでいる時はどうしても、ミスや自分たちの弱みに目が行きがちですが、そういう時こそ慶應の強み、春に定めたチームのスタイルに立ち返ることが重要であると私は考えています。
なぜ負けたのかを考えることは、今後戦っていく上で必要な反省であると思います。ですが、そればかりに囚われてしまい、本来の慶應のバレーボールができていないように感じます。次の試合、勝つために必要なことを考え、常に敵と向き合い、慶應の色を存分に発揮して、今週こそ勝利を挙げたいです。
昨日、去年バレー部を卒業した、加松先輩が「切り替えが本当に大切。チーム一丸となればどんな試合だって絶対に勝てる。」と激励して下さいました。詳しくは話せませんが、加松先輩の持ち前の明るさでチームに笑顔が生まれ、暗かった流れが変わりました。私は今はコートには立てませんが、そんな先輩のように、どんなに劣勢でも鼓舞して、上を向かせられるように頑張りたいと思います。

私ごとですが、怪我が良い状態になり、少しはバレーボールが出来るようになりました。焦らずに、リハビリやプレー勘を取り戻せるように取り組んでいこうと思います。
これからも変わらぬご支援ご鞭撻の程よろしくお願い致します。
それでは失礼いたします。