【活動日誌】勇往邁進(政3・山田大智)

明けましておめでとうございます。今年度主務を務めます、法学部政治学科3年の山田大智です。普段から実家に暮らしていて特に帰省もせず、家の掃除や靴磨き(趣味です)、いつものようなデスクワークしかせず、年末年始らしいこともなく家でゆっくりしていました(友達がいないだけだって?)。

さて、新チームになってから一か月弱が経ちました。正式に主務に任命いただいたのが12/11です。これまでは加松さんがいましたが、学生で起こったことの責任が自分に来るという立場、高校の時の主務とはレベルの違う責任感です。高校の監督には当時、主務って言うのはもっと立派なのだと言われ、しょげていましたが、あの時よりは成長しているはずです。

そして、チームとしての目標は“全日本インカレのセンターコート”です。日本の大学で4本の指に入るのは生半可な努力では成し遂げられないと思います。間宮コーチからはまだまだ全員が目指しているとは思えないような練習態度だという指摘もありました。私は直接練習には参加していませんが、部員がこの日誌を見てこれからの練習に必死に取り組んでくれるようにサポートしたいです。

1年の時から考えていたことがあります。自分以外の同期7人にはコートの中で起こること、試合においても練習においてもですが、そこに最大限の集中をしてほしいと思っています。コートの外で起こることは全て私が見ます、そして自分なりにチームの勝利へ貢献し、7人が満足感をもって後輩を引っ張ってほしいと願っています。
あくまでチームの主役は選手です。選手がこのチームを勝たせてくれます。立場や学年関係なく、この意識を全員が持って、勝利というチームの最大の目標のためにどう貢献するか考えていきたいと思っております。

長文になりました、これから12月までの間、ぬかりなくセンターコートへと邁進していく所存です。どうか応援の程、よろしくお願いします。

失礼します。