【活動日誌】初心(総1・永田将吾)

日頃よりお世話になっております。総合政策学部1年の永田将吾です。年が明けてから1ヶ月が過ぎ、今日から2月となりますね。まだまだ寒い日が続き、インフルエンザが猛威を振るっておりますので、体調を崩さぬよう何卒ご自愛ください。

さて、私事ではありますが大学の練習に合流してから早1年が経とうとしています。右も左も分からないまま香川から上京した私も現在では、大抵の乗り換えは携帯を使わずできるようになりました。成長ですね(笑)
そんなことはさて置き、大学の練習に初めて訪れた1年前、私にとっては全てが新鮮でした。今まで見たこともないくらい大きな先輩や同期に囲まれて取り組んだ練習は、ついていくのが大変だった一方でそれを超える楽しさがありました。基礎練習から応用練習まで全てが楽しかったことを今でも鮮明に思い出すことができます。
他の部員の日誌にも書かれています通りチームは今基礎固めの真っ最中です。とても大切な練習ですので、部員一同全力で日々の練習に取り組んでいますが、地味な練習が続くためどうしてもマンネリ化してしまい、練習の雰囲気がどんよりしてしまうことがあるのです。しかし、そんな時こそ初心を忘れず何事も楽しむ気持ちで練習に取り組みたいと思います。

チームにはもう間も無く新入生が合流します。春からは新入生も含めた強い慶應を見せることができるよう精一杯努力しますので、応援宜しくお願い致します。

それでは失礼致します。