【活動日誌】充実した夏に(環1・谷舜介)

日頃よりお世話になっております。
環境情報学部の谷舜介です。
猛暑が続く中、熱中症に気をつけながら過ごす日々が続いています。皆さんも体調管理にはくれぐれもお気をつけください。
私達は2日間のオフがあり十分リフレッシュし、体も休められたと思います。台風13号が発生した事により練習開始の日が遅れましたが頑張っていきたいと思います。
さて、夏休みの練習が本格化してきて遠征までにチームを仕上げていくために励んでいます。そんな中でさらにレベルを上げるためにレギュラー以下の選手のレベルアップを目指しております。練習は人一倍集中し、濃い内容にするのはもちろんです。しかしそれだけでは足りません。今、取り組んでいるのは練習前、練習後の自主練を充実させることです。練習前は1時間以上早く来て練習時間を確保し、練習後は時間がある限り、最後まで残り練習をしております。レギュラー選手に追いつくために追い越すためにも質も大事ですが量をしない限り不可能だからです。そんな中、目標とし練習している事があります。それは監督がチームにも言ってくれ事で[偽物から本物にする]という事です。初めはその自分のたまたま出来た事やプレー、技術はもちろん誰にも認められてないような事かもしれません。けどその出来た事、自分を信じて練習し続ける事によりだんだんと誰からも認められるような本物になってくるからです。この言葉をずっと頭の中に置き、日々練習に励んでいます。上の選手を脅かすようなチーム内で常に競争が行われいるようなバレー部にしていきたいと思います。
これからも御指導よろしくお願いします。
失礼します。