【活動日誌】個のプレーの確立(環2・谷舜介)

日頃よりお世話になっております環境情報学部の2年、谷舜介です。冷え込んだ日々も終わり、日中は半袖でも大丈夫なくらい暖かくなってきました。季節の変わり目なので体に気をつけてください。
本塾バレーボール部はリーグ戦中であり平日の練習からもとても締まりのある充実した練習を行っています。しかし、4連敗中と苦しい状況が続いております。そんな中で試合中に思うように自分のプレーが出来る時だけではないと思います。何をやっても上手くいかなかったり緊張して自分の実力が出せていなかったりといろいろあると思います。そこで日々の練習から大事にしていきたい事があります。それは自分の中でしっかり自信のあるプレーを確立させていくことです。本塾のバレーボール部員は良い面も悪い面も真面目なところだと思います。バレーに対する気持ちや真面目に取り組む姿は本当に素晴らしい事だと思います。しかし、たくさんの人の助言をすべてやろうとしてしまい本当に自分にあっているものを見失っている時があるのではないかと思います。たくさんの方がプレーについて指導してくれたり、部員内で注意し合うこともあります。そんな中で言われた通りにずっとやってしまっているのです。アドバイスをもらったらまずはやってみることが大事です。それから自分にあった形へと自ら変えていかないと思います。そういった事をもっと出来るようになれたらどんどん強くなっていけると思います。アドバイスを無駄にせず自分のプレーの形をしっかりと確立していけるようにこれからも頭を使って練習をしていきたいと思います。
これからの残りのリーグ戦、チーム全員で全力で勝ちこだわってやっていきたいと思います。ぜひ会場にも足を運んで頂き応援よろしくお願いします。また御指導よろしくお願いします。
失礼します。