【活動日誌】俺らのスクラム(商3・本多一大)

日頃よりお世話になっております。
商学部3年の本多一大です。

ついに秋季リーグ戦が開幕し2/11の試合が終わりました。結果は残念ながら2敗。しかし、悔やんでいても仕方ありません。前々回の活動日誌で増田(法2)が書いていた「時の流れのように」ではありませんが、次の試合が土日に控えている我々は、現在反省をしつつ次の対戦相手に向け対策を練っています。
実は秋リーグ開幕と同時にもう一つ大きな大会も開幕しました。柳田先輩率いる龍神日本が参加する世界バレーです。その大会開幕前のインタビューで古賀選手は「みんながチームとしてがっちりスクラムを組めば、一次リーグは突破できる」と答えていました。まさに今の本塾に当てはまる言葉ではないでしょうか。一筋縄では勝てないのがリーグ戦です。様々な問題も起こります。そういう時こそ、本塾の一枚岩となったスクラムで突破すべきではないでしょうか。その為には、試合に出る選手だけで組むスクラムでは突破できません。私達のようなサポーターも一丸となって戦う必要があります。今週末の土日もそれ以降も部員33人が組むスクラムで全て勝ち切ります。
最後に、4年生は残り9試合が終わると二度とリーグ戦を経験しません。4年生が後悔しない為にも、このメンバーで臨む最後のリーグ戦、絶対に崩せない慶應スクラムで勝ち切ります!どうぞ応援よろしくお願いします!!