【活動日誌】信じる(商4・岩本龍之介)

本年度副将を務めておりました、商学部4年の岩本龍之介です。

私が初めて練習に参加した約4年前のことを思うと、本当にあっという間の大学生活でした。もちろん、ただ月日が過ぎ去って行っただけではありません。その中身は非常に濃いもので、私にたくさんの学びを与えてくれた日々でもありました。

さて、今回で最後の活動日誌となりました。最後なので、4年間の思い出に浸りながら振り返り…と行きたいところですが、やめておきます。書き出したら絶対にダラダラしてしまうので(笑)。私からは後輩へのメッセージをひとつだけ、綴らせていただきます。

先日の納会でも伝えましたが、大事なことだと自分自身認識しているので、この場を借りてもう一度言います。新4年生、絶対に後悔の残らないよう、結果を残して欲しい!

私は最後の半年、唯一コートに立ってプレーをした4年生でした。試合に出られない選手、特に一歩引いたところからチームを支えてくれた同期の思いを背負ってプレーをしていました。急遽リベロに転向し、慣れないポジションでしたが試行錯誤を繰り返し、もがきながら戦い続けました。しかし、結果は秋リーグ12位。入替戦にはなんとか勝ったものの、結果はひどいものでありました。結果を残せなかったこと、本当に情けなく申し訳ない気持ちでいっぱいです。

とはいえこの4年間、さまざまな経験をさせて頂き、楽しいこと、嬉しいこと、良い思い出もたくさんありました。たくさんのことを学ばせてもらいました。この点に関しては、関係する全ての方々に感謝しかありません。本当にありがとうございました。

ですがやはり、最後の1年の記憶が、最も強く脳裏に焼きつくものだと、私自身感じています。だからこそ、同じ経験を後輩にはして欲しくない、そう強く思うのです。部員全員、自分を信じて、そして4年生を信じて、また新たな1年を戦い抜いて下さい。皆が納得の結果を残せること、心から期待しています!

稚拙な文章でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。もう代がかわり、チームマルキはスタートしています。今後とも、塾バレー部の応援のほど、よろしくお願いいたします。

4年間ありがとうございました!
失礼します。