【活動日誌】付加価値(商4・加藤真)

日頃よりお世話になっております。
商学部4年の加藤 真です。

早いもので、今年も残すところ僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私たち4年生は、先日の納会をもちまして、正式に慶應バレー部を引退いたしました。

最後の日誌を書くにあたって、今の心境についてまとめようかと思いましたが、引退したという実感も湧いておらず、正直整理がなにもついていないような現状です。なのでバレー部にいる中で大切にしていた私の信念みたいなものについて少しだけお話したいと思います。拙い文章になるかと思いますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

最後の日誌のタイトルにしたように僕はバレー部にいる中で、『付加価値』というものを大切にしてきました。付加価値は、生み出すコトやモノの希少性と必要性によって定まります。例えどんなに高い能力やスキルを持っていたとしても、そこを活かしきらなければ付加価値を生むことは出来ないし、付加価値が生まれなければ部には貢献できないのです。

そんな中で自分が生み出せる付加価値ってなんだろうと考えた時に、「対話をすること」でした。下級生の頃は先輩方と対話をして、自分が部に求められてることはなんだろうと自分なりに考え行動してきました。上級生になってからは、チームや後輩を見渡して、不足している点に対して話し合って、より良い方向にいけるように努力してきました。今振り返ると、他にも色々なアプローチの仕方があったかなと思うこともありますが、この考え方のおかげで充実した4年間にすることが出来たかなと思います。

現役のみんなには、普段から対話していたつもりなので特にここで伝えることはないけど引退する時に納得のいく現役生活を送って欲しいと思う。付加価値を押し付けるつもりはないけど、自分ならではの価値を見出して、それぞれの場所で活躍してくれると嬉しいな。なんかあったら連絡してください。待ってます!

最後になりますが、この4年間、いや中等部、塾高、大学と慶應のバレー部で過ごせた10年間は、宗雲(前)監督や部長、コーチの方々や日頃より熱い応援をして頂いたOBOGの皆様のおかげで、たくさんの経験をすることが出来ました。本来ならば納会にて直接お礼を伝えたいところでありましたが、叶わない状況になってしまいましたのでこの場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

また、この場で言うことでもないかもしれないけれど家族にも感謝しています。中等部からバレーボールを不自由なく10年もやらせてくれてありがとう。

本当の最後に、この部に関わって出来た人脈は一生の宝物です。大切にして参りますので、引き続き皆さん宜しくお願いします!

それでは失礼致します。
本当にお世話になりました。