【活動日誌】今年の抱負(環2・小出捺暉)

明けましておめでとうございます。本年度副将を務めます、環境情報学部2年小出捺暉です。昨年中は多大なるご支援をありがとうございました。

新チームが始まってから1ヶ月が経ちチームの体制やトレーニング面など昨年とは大きく変わりました。目標である日本一を達成する為にはチームの技術面でのレベルアップが必要不可欠となります。また、レベルアップする為には毎日100%でやり尽くさなければ本当の課題は見えてこないと思います。ですので、自分が出せる最大限の力を毎練習で出す事と全員が毎日全力を出しきれる環境作りをしていきます。

私の今年のテーマは”継続力”です。学生主体のチームスポーツにおいて、一度決めた事を継続するという事はとても難しい事です。しかし強いチームはどんな理由であれ、決められた事を継続しているように思います。慶應バレー部には継続すべき素晴らしい制度があります。それは4年生が残して下さった縦割り制度です。これを1年間継続することができれば様々な面での確実なレベルアップが期待できると私は信じています。ですので、この制度を継続し最適な形にアップデートしていく事を常に考え、誰もが主体的に行動でき最終的にはone teamになれるよう尽力していきます。

未熟な副将である為、皆さんにアドバイスや指摘などしていただけると幸いです。また、監督、コーチだけでなく、OBOGや先輩後輩など沢山相談すると思いますので、その時はよろしくお願い致します。