【活動日誌】今の自分にできること(商3・本多一大)

お世話になっております。
3年の本多です。

2019年初の活動日誌。いつも明るい私でも何事も「初めて」というのは緊張します。。。

さて今年初の活動日誌ということで、今年の抱負を書かせていただきたいと思います。

「勝ちにこだわる環境作り」

これをテーマに今年一年は頑張ります。
私は今まで試合出場経験は1度しかありません。「選手の本多」より皆さんも「応援団長本多」の方がしっくりくるのではないでしょうか?

そんな私が最上級生に成り自身の立場を見つめ直してみると、これからチームの守護神スーパーリベロとしてチームを牽引するよりも(もちろんレギュラーを目指すことは諦めてませんが)、私が今まで行ってきた雰囲気作りの方が貢献度が高いのでは無いかと思いました。

勝ちにこだわる環境というのは大きく分けて

①お互いに指摘ができること
②活気溢れる雰囲気であること
③団結したチームであること。

の3つに分けられると思います。

①というのは、「勝つ」というゴールに向かって上下関係なくアドバイスや指摘を言い合える環境です。ここで間違えてはいけないのが、根元にあるゴールを「勝つ」<「言い合う」に変わってしまい、勝利に繋がらない結果を残してはいけないと言うことです。あくまで「勝つための手段」であり「これをおこなえ勝てる手段」では無いのです。

②で気を付けないといけないと思うのが「前提に勝つための練習をしている」ということです。どうしても雰囲気が下がると「盛り上げる為に、意味の無い声を出すことで活気を取り戻そう」とする意識が生まれる事があります。(私も経験があります)
しかし、この活気で勝てるかと言われるとそうではないと思います。あくまで勝ちたいから、上手くなりたいから練習をした結果、自然と意味のある言葉で活気を付ける必要があると思います。

③は勝利という目標に全員が向かっているチームの必要性があるということです。時には部員同士でぶつかる事があるかもしれません。納得行かない時があるかもしれません。ただ、その時に「勝ちたいから」という気持ちが前提にあるかどうかが大事だと思います。

以上3つが私の考える「勝ちにこだわる環境」です。そして塾バレー部がその環境の下練習に取り組めるよう、環境作りで貢献するというのが私の目標でございます。
新たな練習や企画を考えるだけでなく、部員同士の交流の場を更に増やすことも1つの策だと思います(皆さんは期待しておいてください)。

最後になりますが、OBを始めとするサポートしてくださる皆様が今まで以上に試合や練習でさえも、見に行きたいと思えるチームを目指し今後とも頑張って参ります。

失礼致します。