【活動日誌】人を動かす(政2・吉田祝太郎)

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科2年の吉田祝太郎です。

最近は雪が降るなど、過ごしづらいほどの寒さが続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は今年慶應バレー部のコーチに就任なさった間宮先輩から教えていただいたことについて書きたいと思います。
間宮先輩といえば、全カレで準優勝した代のキャプテンということで、ご自身の技術もさることながらチームをまとめるというリーダーとしての道も極めていらっしゃいます。そんな間宮先輩が「人は正論では動かない、感情で動くんだ!」と先日仰っていました。率直な感想として、本当にその通りだなと感じました。恐らく皆さんもどこかでわかってはいたことのように思いますが、このようにはっきりと言語化されて私は衝撃を受けました。
相手を動かすために大事なことは、その相手を論破することではなく、その心を揺さぶることにあるという現実を初めて突きつけられたのです。もちろんそれには想像もつかないくらい大きなエネルギーが必要ですが、日本一をとるため、日々相手の気持ちを考えて行動していきたいと思いました。
リーグ戦まであと約2ヶ月となり、もうのんびりもできない時期になってきました。チーム一同全力で頑張って参りますので、応援よろしくお願いします。