【活動日誌】リーダーシップ(商2・佐々木拓也)

日頃よりお世話になっております。商学部2年の佐々木拓也です。少しずつですが、あったたかさを感じられる日も出てきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?
部活では、今年も新1年生が入部してくる時期になり、徐々に新入生が練習に顔を出してくれるようになってきました。それにより人数も増え、練習が賑やかになってきましたが、怪我人も続出しています。これ以上怪我人が増えないように活動しなくてはいけないと日々感じております。
先日、私は慶應義塾には体育会本部が主催しているLEAPと呼ばれるリーダーシップ教育プログラムに参加してまいりました。
LEAPでは、普段あまり関わることのない他部の人とより良いリーダーになるために、丸三日密度の濃い講義を受けました。そんな中で、体育会本部出身の社会人講師との交流を通して、縦横の繋がりだけでなく、色んな繋がりを作ることができたと思います。さらに講義内容もとても面白く、ためになるものばかりで、他部の人たちとのグループディスカッションで刺激をたくさんもらい、成長が実感できています。
このLEAPの貴重な経験をバレー部に還元していけるように、副務という立場からリーダーシップを発揮し、チームの目標に貢献していきたいと思います。
それでは失礼します。