【活動日誌】リーグ戦を通して(総2・清水柊吾)

日頃よりお世話になっております。
総合政策学部2年の清水です。
すっかり半袖が丁度いい季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

長いようで短く感じられた春のリーグ戦も5月19日をもって終了いたしました。結果は8位と前季リーグ戦より少し前進したものの、まだまだ課題が多く残るリーグ戦だった感じています。そんな課題の中、私が一番重要視しているのは「強さの波」です。このリーグ戦を振り返ってみると、4連敗、4連勝、2連敗、1勝と結果にはっきりとこの課題が現れています。原因としては細かいプレーのミスであったり雰囲気であったりと様々だと思いますが、今後日本一を目指して行く上で必ず克服しなければならない課題です。今シーズンまだ大会は残っているので少しでもレベルアップできるよう日々の練習を大切にしたいと思います。
長いリーグ戦をサポートしてくださった保護者の皆様、OB、OGの皆様、本当にありがとうございました。次こそはリーグ優勝を掴みたいと思います!

さて、話は変わりますが、6月10日(日)はとどろきアリーナにて早慶戦が開催されます。今年は例年より規模も内容も大きな早慶戦となっておりますので、皆様是非足を運んでみてください。今年こそ本塾の団結力で早稲田に勝利してみせます!

それでは、失礼致します。