【活動日誌】バレー部の日常(政3・勝呂亘)

日頃よりお世話になっております。

連日の長雨も明け、いよいよ夏の到来を感じる今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。塾バレー部は活動の再開からおよそ2週間が経過し、部員も次第にプレーの感覚が戻ってきたように感じます。

さて、塾バレー部は活動自粛が明けるとともに現在は新日吉記念館を使用しての練習を行なっております。私自身、5年間日吉会堂(慶應義塾高校の体育館)をホームグラウンドとして練習を行ってきたため、新しい綺麗な体育館でプレーできることをとても楽しむ日々でございます。このように新しい体育館で溌剌と練習できるのも多くの方に支えられて実現しているということを忘れてはなりません。秋のリーグ戦でその恩返しとなるようチームとして最善の結果を残していく所存です。そのためにまず、感染予防を徹底した環境で日々着々と成長してまいります。

現在はOBOG皆様の記念館への見学が制限されてはいますが、感染症が落ち着けば制限も緩和されてまいります。緩和された暁には、バレーボールを全力で楽しむ部員をご覧いただきたいと考えております。部員一同是非お待ちしております。

最後にはなりましたが皆様も感染症には細心の注意を払い、ご自愛くださいませ。重ねてにはなりますが、規制緩和後に見学に足をお運びいただけますこと楽しみにお待ちしております。

それでは失礼いたします。