【活動日誌】チームカラー(環4・増田拓人)

こんにちは。環境情報学部4年、増田拓人です。皆様いかがお過ごしでしょうか。私は、毎日ベッドに、はりつけの刑に処されています。いつになったら解放されるのでしょうか。

また、先日の納会をもって引退しました。お世話になったすべての方々、本当にありがとうございました。橋口元OB会長や、栗田現OB会長、宗雲監督、お世話になった方々を並べると、キリがありません。

さて、今回は学生で最後、人生で最後の活動日誌を執筆する事になりました。何を書こうかと考えた時、最初に思い浮かんだ事は、やはり、今年1年の出来事でした。
 一つずつ振り返ってみると、まずは、全日本インカレ。本当に完敗でした。早稲田と試合をもう一度したい、その一心でした。しかも、振り返ってみれば、ベスト8以上に残っていたチームに、関学、日大、東海、中央がいました。どこも勝った事のあるチームでした。もし、あと1つ、あと2つ、勝っていたならばと考えると、悔しい気持ちでいっぱいです。しかし、これだけのメンバーなら来年こそはタイトル取ってくれるだろうと思うので、どちらかというと、珍しく希望に満ち溢れた引退になったかなと個人的に思います。
 そして秋リーグ。1部で勝つ事の難しさを実感した秋であり、自分たちの実力を出せば勝てる事もあるという事を実感できた秋でもありました。チームが負け込んでいる時にチームのモチベーションを如何に落とさずに、むしろ上げていくかというところで、主将としての器が試されるのではないかと思ったのを覚えています。(しょうき、頑張れ!)あと、なんといっても他力本願で入替戦回避したのも印象的でした。
 次に、なんといっても春リーグからの入替戦。人生で一番感動したかもしれません。試合に出ていないのに感動できるって事、なかなか経験できる事じゃないのでは?本当に、スタメン、部員、OBOG、監督、親御さん、ファンの方々、すべての慶応バレー部に関わる人達が、温度差無く、全員が歓喜の渦にのまれたのではないかと勝手に思っていますが、どうでしょうか。
また、秋リーグ同様、春リーグでは、法政大学が青山学院大学に勝った事で、入替戦進出を決めた我がバレー部。他力本願でした。ですが、すべては人事を尽くして天命を待った結果だったのではないでしょうか。(隅田先輩の言葉より)  
 来年こそは、他力本願ではなく、ぜひ、すべて自力で1年間いい成績を残していけるようにお願いしたいです。
そして、いっきに話を進めて、別府合宿。ここで毎年チームを作りながら試行錯誤していったのですが、今年はすでにチームを作ってから挑みました。どちらかというと、春リーグに向けて磨き上げるところでした。さらに、この時期は挑戦する事が多く、自分的にもチーム的にもかなり刺激的な時期だったかなと思います。さらに、別府から、福岡大学へ移動し、いわゆる福大とタイマン。ここから福大とのライバル関係が生まれたと言っても過言ではないかと思います。そのうち福大との慶福定期戦なんてできたりしないですかね(笑)
 最後に人生を変えた出来事、昨年のインカレ直後の出来事です。そして一生忘れない出来事。それは、尾木と私が監督のもとに呼ばれ、「試合に使うつもりはないが主将を引き受けてくれないか」と言われた事、そしてそれを引退したばかりの先輩と部員の前で言った時、ほぼ全員が爆笑した事です。中には、納得していない長澤もいましたが(笑)この瞬間、今年のチームカラーが誕生したのだと確信しました。
 
 この1年、良くも悪くも笑顔の絶えない1年になったのかな、と思います。今年のチームの良かった事を簡単にまとめると、選手一人一人の個性が光り、それが集まり大きな光となり、暗い歴史を明るく照らし、結果として1部昇格という大目標をクリアできた事ではないかと思います。(すいません抽象的で)振り返れば、本当に色の濃い選手達、それをまとめ上げてくれた4年の同期達、すべてがうまく回ったわけではないですが、本当に1年間みんなが全力を尽くしてくれた事が結果として出て、本当に嬉しかったです。
 
 新4年生達!!は、団結して、試行錯誤して、それが結果として出た時の嬉しさがこの1年間でわかると思います。大変だと思うけど、今が黄金時代を築く時だと思うから、本当に、考えて、行動して、何度もやり直して欲しい。タイトル取ったどぉーって報告してください。LINE開いて待っておりんす。

長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合いしてくださり、ありがとうございました。後輩達!がんばれ!