【活動日誌】ジェンガ2(総4・浦部連太朗)

お世話になっております。
総合政策学部4年浦部連太朗です。

シーズン前半を終え、チームはシーズン後半に向けたチーム作りを開始しています。

さて、この夏に取り組むべき「チーム作り」について考えた時、以前講義でお聞きしたハンドボール日本代表の銘苅選手の言葉を思い出しました。チームを作り上げていく作業は、ジェンガと同じであるとお話ししていただきました。以前活動日誌でも書いたのですが、チーム作りが始まるこのタイミングで再度取り上げさせていただきました。

銘苅選手のお話を簡単に書かせていただくと、ジェンガとは不要なパーツを抜き取って、上に積み上げていくゲームです。これはチーム作りと同じ要素があって、毎日の練習で積み上げていくこと、不要なものは抜き取っていく。この積み上げて、抜き取って、積み上げて…チーム作りとはこの繰り返しで、成長するためには変化や不安定であることを恐れないことが重要なのだとお話ししていただきました。

新チームが始まって以来、まだ十分とは言えませんが技術面や戦略面においてコツコツ積み上げてきました。この夏はそれだけではなく、変化を起こすために抜き取り、新たなものを積み上げる作業も必要なのではないかと考えています。

この夏のチーム作りで積み重ねたチームの変化や成長を結果として秋リーグや全日本インカレでお見せできればと思います。