【活動日誌】アツイ夏(商1・加藤真)

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤真です。私は先日、大学に入って初めての期末試験が終了し本格的にバレーボールに集中できる夏が始まりました。チームは一丸となって秋リーグで良い結果を出す為日々練習に励んでおります。ここ数日異常気象で多くの被害が出ているとの事ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は先日行われたインターハイについてお話しさせていただこうと思います。今年は山形県で行われ男子は鎮西高校が優勝しました。私はインハイTVというyoutubeの生配信で試験勉強の合間に観戦していました。私の母校の慶應義塾高校は神奈川県予選大会で敗退してしまい今大会には出場することはできませんでしたが、是非次の春高バレーの切符を掴み取って欲しいと思います。塾高のバレーボール部員に限らず、このインターハイに出場する高校生は春高バレーで引退する学生が多い中、インターハイで引退する学生も見られ、この日、この試合、この一本にかける熱い思いが伝わる良い試合ばかりでした。私はここから目の前の一本に集中し全力を尽くすプレーこそが一番大切な事であると再認識することができました。ここから暑い夏の中練習に臨みますが、一本を大切にプレーする事を忘れず精進しチームに貢献していきたいと思います。

失礼します。