【活動日誌】わくわく(文3・片波見和輝)

 
 日頃よりお世話になっております。
文学部3年の片波見和輝です。今週は最大9連休のゴールデンウィークのようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 早くも8戦が終わり、スタートは4連敗と悪かったものの、先週から今週にかけようやく慶應らしさを発揮し、4連勝することが出来ました。私はこのリーグを通して意識している言葉があります。それは「わくわく」です。

 私は今季初めてリーグ戦に出場する機会をもらいました。しかし私の心臓はミジンコ並みに小さくすぐに緊張してあがってしまいます。そんな私が対策として考えたのがわくわくすることです。あるアニメのキャラクターのように自分を昂らせ緊張を解しています。

 またもう一つの「わくわく」として観ている人をわくわくさせることを意識しています。試合に出ていればプレーで出ていなければ精一杯の応援で会場を盛り上げ、沸かしていきたいと思っています。

 残り3戦残っていますが、日本一を目指すチームとして負けるわけにはいきません。勝つことが第一の目標ですが、それだけでなく会場一わくわくさせるチームとして本多応援団長を筆頭に盛り上げていきたいと思います。

 4連勝は支えてくださっている皆様のお陰です。皆様への感謝を忘れず7連勝に向け努力を怠らず、笑顔でリーグを終えたいと思いますので、今後とも変わらぬご声援宜しくお願い致します。