【活動日誌】もっと強く(商4・本多一大)

商学部4年ク組の本多です。
日吉会堂の練習では皆、汗を滝の様に流しながら練習に励んでおります。ケア班リーダーとして熱中症対策にも力を入れている毎日です。皆さんもお体にはお気を付けください。

さて、先日秋リーグまで残り1か月を切りました。1部復帰へ勝負のリーグ戦であり、私にとっては最後のリーグ戦であります。今回はそんな意気込みを書かせてもらいます。

「圧倒的な強さで1部に復帰する」

私はこの意気込みを胸に秋リーグを戦い抜きたいと思っています。

私は負けず嫌いです。バレーボールに限らず何事も常に上を目指してきました。
もっとレシーブを上手くなりたい。
もっとチームの為にできる事は無いか。
もっと良い応援は無いか
もっと皆が楽しめる遊びは無いか。
もっと友達を増やしたい。
そんな“もっと”をモットーにしてきた私は、秋リーグも更なる高みを目標にしたいと考えています。

1部復帰。

簡単な事では無いのは十分承知です。
しかし、今のチームがスタートした時に掲げた目標は「日本一」です。
その為1部復帰は必ず通らなければならない通過点です。

「日本一」になるためには、1部復帰で満足してはならないと思います。そして単に1部復帰しても満足してはなりません。
「圧倒的な強さ」
そこまで“もっと”詰める必要があると思います。

・1セットも落とさないで2部1位になる
・ストレートで1部に復帰する
・個人賞は慶應バレー部が全て獲得する。

この位高い目標を本気で目指さないと、一部復帰は勿論、日本一は到底なれないと思います。
その為に8月の練習が重要になってきますし、“もっと”意識を高く、“もっと”上手くなる必要があります。

そして私は“もっと”チームの為に、活気付け、意識付け、球出しからボール拾いまでを全力で取り組んでいきます。

秋リーグで強くなった慶應バレー部をお見せできる様、より一層頑張りたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

P.S.
先日、浅野先輩(H19卒)をはじめとする諸先輩方との飲み会に参加してきました。
「本多がユニフォーム着たら連絡してな。皆応援に行くから。」
13個下の後輩をも応援してくれる先輩の温かさ、縦の繋がりを肌で感じたと共に、私も“もっと”練習しなければならないと思いました。
最後の秋リーグ、1本でもサーブが打てるよう、1秒でも多くみんなと一緒のコートに立てるよう頑張りたいと思います。

本多一大