【活動日誌】たくさんのありがとう(環4・長澤翔吾)

こんにちは、環境情報学部4年の長澤翔吾です。
早いもので私達4年生が引退してから1ヶ月近く経ってしまっていますね。引退してから、1回もバレーボールに触らないままここまで今日まで来てしまいました。同期のみんなは意外とバレーボールをやっているようで若干の焦りとともにどんどん身体が大きくなっているような気がしている今日この頃であります。この冬の寒い季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
この4年間を通して、喜びや悔しさなど多くの経験をしましたが、今自分にいいたいことは「自分お疲れ様」です。そして関わってくださった皆様に言いたいのは、「ありがとう」と「ごめんなさい」です。私はこの4年間、自主練習をかかさずやってきました。特にサーブレシーブの練習を行っていました。他の部員が帰り支度をはじめたとしても、納得いくまで練習をし、4年生になってからも1年生の早く片付けをさせてほしそうな無言の圧力にも負けず、頑張っていました。笑
結果、3年生からリベロとして試合に出場させていただきました。こんな私を最後まで使ってくれた宗雲監督ありがとうございました。そして、試合にいつも足を運んでくださったOBの皆様本当にありがとうございました。特に今年はチームの1つの目標であった1部昇格を果たし、私の入学当初からの目標であった1部で戦うことを実現することが出来ました。私の夢を叶えてくれた、一緒に戦ってくれたチームメイトのみんなには本当に感謝しています。ありがとう。
だからこそ、試合でプレーで引っ張ることが出なくてほんとにごめんなさい。偉大な先輩である野瀬先輩の跡を継いで試合に出場したわけですが、その穴は大きく責任の重さを痛感じながらコートに入る毎日でした。特に関東1部での試合ではリベロの差を感じることが多かったです。リベロというポジションでありながら、黒田や康平、さらには1年生の祝太郎などにも助けられ事が多かったです。だから、コートに入って余裕なんかありませんでしたし、楽しんだことより苦しんだことの方が多かったこの2年間でした。
そんな自分がやりきることができたのはいつも自主練を手伝ってくれたチームメイトの存在でした。私が練習をする時、一人で練習していたわけではなく、いつもサーブを打ってくれたりボールを出してくれる存在がいました。2年生の時ずっとサーブを打ち続けてくれた田中先輩、遅くまで練習に付き合ってくれた加松、最後の1年、たくさん一緒に練習した本多、最後の自主練でサーブを打ってくれた拓人、その他にも多くの人が自分の時間を割いてまで、自分に時間をあててくれていました。なかなか結果が出せない時期にもこの人達と毎日コツコツ積み上げてきました。この思いを私自身、とても大事にしていて試合に向かうための大きな力となっていたことは間違いありません。みなさんがいなかったら私はコートに立つことはなかったでしょうし、試合中に自分自身を信じてプレーできていなかったと思います。プレーでは引っ張れませんでしたが、真剣に向き合ってくれた人達のもとでバレーボールができたのは私にとっての財産であり、誇りです。本当にありがとうございました。
私は応援してくれた全ての人に感謝しています。なかには私のプレーを好きだといって応援したり、写真撮ってくださる人もいました。本当に嬉しかったです。差し入れも本当にありがとうございました!下手なリベロでしたが、皆さんのおかげで自分を貫けて引退できたことを嬉しく思っています。予定はありませんが、どこかでまたバレーやっている姿を見かけたら応援してください。笑

最後になりますが、来年からはOBとしてこの感謝の気持ちをお返しできたらなと思っています。来年は伊藤主将、岩本副将、加松主務のもとで力強いまとまったチームになることを期待して最後の活動日誌を終らせていただきたいと思います。

4年間ありがとうございました!!