【活動日誌】いつも通り(政3・吉田祝太郎)

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科3年の吉田祝太郎です。

最近は肌寒い季節となってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、明後日は入れ替え戦です。
私たちはこの日のために夏の合宿を乗り越え、秋のリーグ戦を戦ってきました。
私は、今回慶應の勝敗のカギを握るのは「いかに練習通りの実力を発揮できるか」ということだと考えております。
今年の春のリーグ戦では波がとても激しかったように思います。簡単にいえば、いいときはいいけど、ダメなときはとことんダメ。
しかしながら、夏から練習を重ね、秋リーグを戦うなかで少しずつではありますが安定感が出てきたように感じます。特にブロックフォローであったり、フェイントに対するレシーブなど、チーム全員の「勝ちたい」という気持ちが、細かいファインプレーを生み出し、安定した試合運びを可能にしているように感じます。
今回の専修戦も、月並みな表現ではありますが、チーム一丸となって、みんなが勝ちたいという気持ちを強く持つことができれば、いつも通りの実力を出せると思います。

応援よろしくお願いいたします。