【活動日誌】ありがとう。(商4・佐々木拓也)

皆様、お久しぶりです。2020年度主務を務めさせていただきました、商学部4年の佐々木拓也です。

これまで何度も書かせていただいたこの活動日誌もラスト一回になってしまいました。なんとなく少し寂しい気持ちです。

まずご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、しばらくの間休部させていただいておりました。OBOGの皆様、部長、監督、スタッフの方々に大変ご迷惑、ご心配をお掛けしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

本日の日誌は皆様への感謝を綴ろうと思います。
まず、初めに三田クラブの皆様、そして部長、監督、スタッフの方々、常にサポートをして下さり、感謝してもしきれないほど沢山お力添えを頂きました。入部してからの4年間、特に役職についてからの2年間は皆様に多くのことを丁寧にご指導頂き、大変お世話になりました。社会に出てからもご教授いただきましたことを活かせるよう精進します。そしてこれからは今後は三田クラブの一員として、引き続き宜しくお願い致します。

その中でも特に宗雲監督、本当に本当にありがとうございました。たくさんお話や相談をさせていただいて、人間的に大きく成長できました。監督の常に笑顔で前向きな姿勢に何度も助けられました。これからも前向きに挑戦することを忘れずに生きていこうと思います。

そして、部員の皆、最後まで一緒に活動できなくてごめんね。特にはるな、勝呂、真帆ちゃん、敏貴、厳ちゃん、大変だったと思うけど本当にありがとう。感謝でいっぱいです!

同じチームで活動できて、皆のおかげで、充実した楽しい大学生活を送ることができました。本当にありがと!最高でした!頑張ってね!

私にとってこの4年間での経験はかけがえのないもので、一生の財産になりました。人間的にもかなり成長させていただくことができました。
この経験を活かして、次は社会で飛躍できるように頑張りたいと思います。
体育会バレーボール部に入部して、恵まれた環境で活動でき、幸せでした。本当にありがとうございました。

それでは失礼致します。
皆様、良いお年をお過ごし下さい。