【活動日誌】『一部昇格への片道切符』(商3・濱本健人)

皆様お久しぶりです。
早朝5時に起床し、夜は22時に寝るという早くも優雅な老後の様な生活を最近送っております、商学部新4年の濱本健人です。
3ヶ月ぶりの日誌に加え、厳ちゃんにトップバッターを任命されたという緊張故に拙い文章になるかと思いますが最後までお付き合い頂ければ幸いです。

今回はトップバッターと言う事もあり柄にも無い事を書かせて頂きますので、現役部員は笑い飛ばしながら読んでいただければなと思います。

69日後の5月30日、私達は笑ってるでしょうか、泣いてるでしょうか。
そうです、この日は春リーグ最終日で昇格の可否が決定する日で御座います。私達の目標はここで一部に返り咲く事であります。その為に必要な事は月並みではありますが、『自分と仲間を信じる事』しかないと思っています。

確かに、技術面を上げれば課題は山積ですが全員が自分と仲間を信じOne Teamになった時、私達が負ける姿は想像出来ません。約2ヶ月、11試合非常に長く険しい道のりなのは重々承知です。必ず辛い瞬間は来ると思います。その時は4年生が必ず引っ張り、最後まで責任を果たすので69日後の5月30日に皆で笑う為に明日からまた一緒に成長していきましょう!

OBOGの皆様も直接お越し頂けないのが心苦しいですが、画面越しでも熱い気持ちが伝わるバレーを展開致しますので応援の程を宜しくお願い致します。