【活動日誌】「エクセレントチーム」を目指して(法3・安部優波)

日頃よりお世話になっております。法学部法律学科3年の安部優波です。
朝晩の寒暖差が激しい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

塾バレー部におきましては新1年生が練習に加わり、全体練習も始まり、更には新しいトレーナーの塩島先生から新たなトレーニングメニューもご指導いただき、吉田主将率いる本年度のチームは、着実にパワーアップを進めています。

本年度のもう一つの新しい取り組みとして、辻先生のご指導の下、メンタルトレーニングにも力を入れ始めました。
本日で2回目になる講義でしたが、前回同様2時間があっという間に感じる程、感銘を受ける内容ばかりでした。
その中でも特に響いたのが、「エクセレントチーム」の形成には何が必要か、というお話でした。

「エクセレントチーム」に成る為には、各部員が、その時々ですべき事を考え、責任をもって行動に移す事により「自立」する事が大前提であり、それをチーム全体で「共有」する事により、「信頼」が生まれる、という内容でした(かなり簡略化したものにはなりますが)。
この大前提となる、部員の「自立」は、吉田主将が新チーム発足の際にも言っていた、部員一人一人の「主体性」にも繋がってくるのではないかと私は考えました。
立場や役職は違えど、自分にできる、自分なりの部への貢献の仕方を各々が考え、責任を持って全うする事が、良いチーム、ひいては日本一を達成するチームには必要不可欠であると信じています。
私も4年生として、アナリストとして、そして一部員として、何をすべきか・どうあるべきか、常に考え、行動に移し続ける事を怠らずに、最後の一年間励んで参りたいと思います。

さて、そんな「エクセレントチーム」として挑む春季リーグの試合日程も本日発表されました!
お時間ございましたら是非、会場までお越しください。
部員一同、お待ちしております。

まだまだ寒い日が続きそうですが、体調を崩されませんようお気を付けてお過ごしください。
それでは失礼致します。