【戦評】第83回早慶バレーボール定期戦

戦評

先輩各位

日頃よりお世話になっております。経済学部1年、樋口太樹と申します。先日行われました第83回早慶バレーボール定期戦の試合結果をご報告致します。

6月9日(日) 於:早稲田アリーナ

●慶應義塾大学2-3早稲田大学○
第1セット 21-25
第2セット 27-25
第3セット 25-15
第4セット 25-22
第5セット 13-15

 【先発選手】
WS: マルキ(総4)、吉田(法3)
OP: 富澤(経4)
MB: 樫村(環3)、降(商1)
S: 谷(環2)
Li: 小出(環2)

 【交代選手】
片波見(文4)、加藤真(商3)、加藤靖(商2)、宮川(総2)

 【控え選手】
清水(総3)、永田(総2)、髙倉(商1)

 【試合内容】
・第1セット
今年で83回目となる伝統ある一戦は、リーグ戦からさらに増して白熱した展開で進んでいく。1点目をMB降のAクイックで掴むと、3-1と序盤のうちにリードを奪う。その後もOP富澤のライトからのスパイクや、セッターからサイドアタッカーにコンバートしたWS吉田のスパイクなどで6-4とし、春季リーグの王者である早稲田大学に対してリードを許さない。そんな中、早大MB村山の強烈なBクイックで6-6と追いつかれると、慶應の攻撃が立て続けに相手ブロックに阻まれ、この試合初めて早大の3連続得点を与えてしまい8-6と逆転される。この後ゲームは中盤にかけてお互いサイドアウトを奪い合う展開が続く。そんな中試合が動いたのは14-16で迎えた早大WS大塚のサーブ。ここで相手の強烈なサーブにレシーブが乱れ、何とか攻撃するも惜しくもアウトとなり14-17とこの試合初めて3点のリードを奪われる。このタイミングで慶應は1回目のタイムアウトを要求する。MB樫村のクイックで15点目を奪うと、ここから流れは慶應に傾きだす。樫村や降といったクイックを中心に攻撃し20-20と追いつくと、ここで早大がタイムアウトを要求。ここから厚みのある攻撃でリードしたいところであったが、逆に早大にリードを広げられてしまい、最後は慶應のミスで21-25と第1セットを先取される。
・第2セット
S谷のサーブで始まったこのセットも第1セット同様序盤から接戦となる。樫村、降のクイックを中心に吉田や富澤といったサイドを織り交ぜた攻撃で早大相手に互角の勝負を繰り広げていく。そんな中、前セットに続いてゲーム中盤にかけて早大にリードを奪われてしまう。9-10から慶應の攻撃が相手ブロックに捕まってしまい、9-12となったところで1回目のタイムアウトを要求する。立て直しを図りたい慶應は相手のサーブミスでタイムアウトが明けてすぐに得点すると、ここから相手のスパイクミス、吉田のブロックポイントで12-12とすぐに追いつく。ここからサイドアウトを奪い合う展開となっていくが、終盤にかけて再び早大のブロックが立ちはだかり、17-20と3点のリードを奪われた状態で試合は20点台の勝負となる。互いにサイドアウトを奪い合い迎えた19-22の場面。ここで相手の好プレーに阻まれ19-23となったところで慶應は2回目のタイムアウトを要求する。吉田のスパイクで20-23とすると、ここで相手にミスが出て21-23まで詰め寄る。このままの流れで連続得点を奪いたいところであったが、早大WS大塚にレフトから打ち切られ21-24とセットポイントを握られる。しかし粘りを見せる慶應は再び吉田のスパイクで22-24とすると、ここでワンポイントブロッカーとしてOP加藤靖を投入。相手のミスにより23-24と1点差まで詰め寄ると、富澤がバックライトから決めきり24-24と同点に追いつく。さらに樫村のブロックで25-24と逆にセットポイントを握る。一旦は早大に得点されデュースに持ち込まれるものの、最後は吉田がバックアタックを打ちきり、26-24で第2セットを奪う。
・第3セット
セットカウント1-1で迎えた第3セットは厳しい立ち上がりとなってしまう。0-4と早大にリードされたところで慶應は早くも1回目のタイムアウトを要求し、立て直しを図る。タイムアウトが明けて降のクイックでようやく1点目を奪うと、ここから1点ずつを奪い2-5とする。この後試合はサイドアウトの取り合いが続き、なかなかリードを縮めることができないままゲームは中盤に突入する。途中、S谷の好ブロックやWSマルキの強烈なスパイクなど流れを奪うチャンスはあったものの、慶應の攻撃に対応し始めた早大を前に流れを掴み切ることができない。そんななか迎えた11-16の局面、ここで相手に連続得点を与えてしまい点差が6点に広がってしまったところで慶應は2回目のタイムアウトを取る。タイムアウトが明けてもなお早大の攻撃を止めることはできず、ここで富澤に代えて加藤靖を起用し、追い上げを図る。しかしそれでも流れを変えることはできず12-19、13-22と差を広げられてしまう。粘りのレシーブなど随所に好プレーを見せたものの得点に結びつけることができず、最後は相手のブロックポイントで15-25とされ第3セットを奪われてしまう。
・第4セット
勝利のためには何としても取り切らなければいけない第4セット、このセットは一段と集中力を増して臨んだ。1点目をマルキのブロックポイントで奪うと、その後相手のミスが重なり4-1と序盤での先行に成功する。しかしすぐに4-4と追いつかれると、中盤にかけて互いに譲らないサイドアウトの応酬が繰り広げられる。10-9の場面から降のクイックによる得点で11-9と一歩リードすると、ここからブロックポイントや相手のミスで13-9と4点のリードを奪う。この点差を維持したままゲームを優位に進めたい慶應は14-10から相手の攻撃を切り返し15-10とさらにリードを広げる。しかしそんな中で相手のサーブに乱されてしまい、15-12の段階で早くも1回目のタイムアウトを要求する。吉田のスパイクで得点し相手の連続得点を一旦は止めたものの、16-13から3連続得点を奪われ16-16と同点に追いつかれる。このタイミングで慶應はWS加藤真をレシーバーとして投入し、立て直しを図る。加藤真の期待に応える好レシーブから得点し17-16とすると、相手のミスで18-16と再びリードを奪う。20-18となったところでワンポイントブロッカーとしてWS宮川を起用するものの、ここは惜しくも得点することができず、20-19と一進一退の攻防が続く。そんな中21-19からマルキが二段トスを打ち切り、22-19となったところで早大が1回目のアイムアウトを取る。何としても流れを渡したくない慶應は、この我慢の時間をしのぎ最後は相手のサーブミスでこのセットを奪いセットカウント2-2として最終セットに挑む。
・第5セット
マルキのスパイクで1点目を奪い1-1とすると、最終セットにふさわしい緊迫した接戦が繰り広げられる。降のサービスエースで3-2とし早大を相手に一歩リードするとここから吉田のスパイクや樫村の強烈なクイックで次々と得点していく。対する早大はMB武藤やWS村本といった4年生の意地を見せるかのような攻撃を展開する。両者ともに均衡を破ることができないまま試合は進んでいき、7-8と早稲田が1点リードした状態でコートチェンジを迎える。離されたくない慶應であったが、コートチェンジ直後の攻撃が相手ブロックに捕まってしまい、7-9とされたところで1回目のタイムアウトを要求する。その後降のブロックにより9-10と1点差まで詰め寄ると、さらに樫村のブロックポイントにより一気に早大に追いつく。しかしその後慶應にミスが出てしまい、10-12と再びリードを広げられてしまう。吉田のスパイクで11-12とすると、ここで第4セットに引き続き宮川をワンポイントブロッカーとして投入。ここで慶應にブロックポイントがとびだし、宮川は見事期待に応える。ここでたまらず早大も2回目のタイムアウトを取り、立て直しを図る。タイムアウトが明けて相手のミスにより13-12とリードを奪うと、ここから試合はさらにヒートアップする。試合も大詰めに差し掛かったところで会場はこの日最高の盛り上がりを見せていた。試合が再開し13-13と同点に追いつかれた慶應は先にマッチポイントを握りたいところであったが、ここで切り返しから得点されてしまい、逆にセットポイントを握られてしまう。何としても得点してデュースに持ち込みたいところだったが、最後は慶應の攻撃が相手ブロックに捕まってしまい13-15で試合終了。
よって、セットカウント2-3で本塾の敗北。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
木原さん(S33)
中村さん(S36)
亀田さん(S37)
久保田さん(S37)
鏑木さん(S40)
黒田さん(S40)
宮田さん(S40)
森さん(S40)
小林さん(S42)
隅田さん(S45)
塩坂さん(S46)
橋口さん(S47)
内藤さん(S48)
隅田さん(S51)
諏訪さん(S51)
阪井さん(S52)
栗田さん(S53)
磯村さん(S54)
中上さん(S55)
中越さん(S55)
滝澤さん(S58)
田村敬さん(S58)
石手さん(S59)
成田さん(S60)
青木さん(S60)
峰さん(S60)
本橋さん(S60)
上原喜久美さん(S61)
上原啓さん(S61)
加藤さん(S62)
坂本さん(S62)
谷口さん(S62)
田村美和さん(S62)
土井さん(S62)
綿田さん(S62)
今泉さん(S63)
高木さん(S63)
金子さん(H2)
藤澤さん(H4)
野田さん(H5)
濱田さん(H5)
細野さん(H6)
柳生さん(H6)
岡里さん(H7)
小山さん(H9)
脇さん(H13)
雨森さん(H14)
山本さん(H15)
松村さん(H18)
松村さん(H18)
徳田さん(H19)
伊藤さん(H21)
内田さん(H21)
大森さん(H24)
芳賀さん(H24)
高橋さん(H24)
鈴木さん(H26)
星谷さん(H26)
岡本さん(H27)
折笠さん(H27)
野瀬さん(H28)
諸橋さん(H28)
清水さん(H29)
尾木さん(H30)
黒田さん(H30)
合田さん(H30)
増田さん(H30)
吉村さん(H30)
伊藤さん(H31)
岩本さん(H31)
加松さん(H31)
菊池さん(H31)
黒坂さん(H31)
林さん(H31)
湯通堂さん(H31)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼致します。
樋口太樹