【戦評】第72回慶関バレーボール定期戦

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、第72回慶関バレーボール定期戦の試合結果をご報告いたします。

11月26日(日)於:慶應義塾蝮谷体育館
○慶應義塾大学 3-1 関西学院大学●
第1セット 34-32
第2セット 25-17
第3セット 19-25
第4セット 25ー18
【先発選手】
WS:マルキ(総2) 、吉田(法1)
OP: 黒田(環4)
MB:佐藤(環4) 、樫村(環1)
S: 尾木(法4)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
増田(環4)、立木(法4)、岩本(商3)、浦部(総2)、五味渕(環2)、清水(総1)
【試合内容】
今回で72回目を迎えた歴史ある慶関定期戦。本塾バレーボール部はこの定期戦で白星を挙げ、この後から始まる全カレに弾みを付けたいところである。

・第1セット
序盤からL長澤を中心に安定したレシーブからMB佐藤と樫村が躍動する。しかし相手もMB菰方のブロード攻撃を軸とした関西学院の攻撃に慶應のブロックが翻弄され両者譲らぬ攻防を繰り広げる。すると両者得点が30点を越し迎えたWS吉田のジャンプサーブ。春の入れ替え戦同様、勝負所でのこのサーブが相手のレシーブを崩し、レシーブを返した慶應はエース黒田にトスを託す。すると期待に応え、黒田が決め切り34−32で長いこのセットを奪う。

・第2セット
デュースが長く続いた前セットを奪った慶應は勢いそのままに、新フォーメーションでも継続しているサーブアンドブロックを関西学院に見せつける。WSマルキの強烈なジャンプサーブで相手のレシーブを大きく乱し、ブロックを揃え、絞られたコースで慶應のレシーバーがボールを待ち構えスパイクで切り返す。マルキ自身のサービスエースを含む8連続得点で関西学院を大きく突き放す。そして最後は樫村のクイックのダイレクトレシーブボールを尾木が相手コートに叩き込み25−17でこのセットを奪う。

・第3セット
勢いそのままにこのセットも連取したい慶應だが、菰方やWS隈部、OP喜入のスパイクに翻弄され序盤からリードを許す展開となる。吉田のサーブや佐藤、樫村の決死のクイックでなんとか巻き返しを図るものの、ネットインサーブなど不運な失点が重なり19−25でこのセットを落としてしまう。

・第4セット
秋季リーグから、チームの雰囲気を変えてきたMB清水が投入される。序盤に関西学院の生命線である菰方のブロードを吉田がようやくシャットアウトすると、清水・樫村もクイックで奮闘し、一年生トリオが躍動する。喜入の時間差攻撃などで少し点差を縮められたが最後はマルキが3連続サービスエースを奪い25−18でこのセットを奪う。

よってセットカウント3−1で本塾の勝利。優勝を手にした。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
中村さん(S36)
久保田さん(S37)
若林さん(S39)
小林さん(S42)
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
諏訪さん(S51)
栗田さん(S53)
青木さん(S60)
野田さん(H5)
岡本さん(H26)
鈴木さん(H28)
犬塚さん(H29)
布川さん(H29)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真