【戦評】第71回全早慶明バレーボール定期戦

先輩各位

日頃よりお世話になっております。商学部1年の濱本健人と申します。先日行われました第71回全早慶明バレーボール定期戦の試合結果をご報告いたします。

11月11日(日)於:明治大学和泉校舎体育館メインアリーナ
【全早稲田大学戦】
●全慶應義塾大学0-2全早稲田大学○
第1セット11ー25
第2セット17-25

【先発選手】
WS: 宮川(総1)、小出(環1)
OP: 富澤(経3)
MB: 清水(総2)、樫村(総2)
S : 吉田 (法2)
Li. : 岩本(商4)、永田(総1)
【交代選手】
加藤真(商2)、上田さん(H28)
【控え選手】
片波見(文3)、マルキ(総3)、谷(環1)、加藤靖丈(商1)

【試合内容】
激闘の入れ替え戦を制しチーム一丸となって日本一へと進むためにも、全早慶明戦も勝ちきらなくてはいけない。
初戦の相手は秋リーグも優勝の早稲田大学、チーム一丸となって秋リーグの借りを返せるか。

・第1セット
OP富澤が相手エース鵜野をシャットアウトし、試合が始まった。しかし序盤から相手MB武藤のサーブにWS宮川が苦しめられブレイクをとられ、1-3と離される。なんとか追いつきたい慶應だったがMB清水のクイックが相手MB村山に止められさらに、OP宮浦にもサービスエースをとられさらに点差をつけられ2-7とされる。追いつきたい慶應はWS小出のブロックや宮川のスパイクで取り返すものの、相手S小林のサーブで乱され相手の多彩な攻撃を封じることができずに6-18まで点差を広げられる。流れを変えるべくWS加藤真を宮川の代わりに起用するも早稲田の勢いを止めることができない。終盤富澤の2連続スパイクや相手のミスもあり巻き返すものの11-25でこのセットを落とす。
・第2セット
第1セットを取られ、後がなくなった慶應は序盤から樫村のクイックや富澤のスパイクで序盤ブレイクをとり、4-5と拮抗した展開が続く。ここで上田さん(H28)を樫村の代わりにMBとして起用し、チームの雰囲気を挙げ盛り上げていきたい所だったが、ここで富澤、小出が2連続ブロックされ5-9とリードを許す。さらにここで相手MB上條のサーブにより4連続サービスエースを取られるなどを含め、9連続ブレイクを許し、8-19と大きく点差をつけられてしまう。終盤富澤のスパイクで盛り返すものの最後まで早稲田大学の組織的な攻撃を止めることが出来ずに、最後は上條にBクイックを決められ17-25でこのセットを落とし、試合終了。

よってセットカウント0-2で本塾の敗戦。

【全明治大学戦】
●全慶應義塾大学1-2全明治大学○
第1セット26-24
第2セット18-25
第3セット27-29

【先発選手】
WS: マルキ(総3)、小出(環1)
OP: 富澤(経3)
MB: 清水(総2)、樫村(総2)
S : 吉田 (法2)
Li. : 岩本(商4)、永田(総1)
【交代選手】
立木さん(H30)、加藤真(商2)、片波見(文3)、宮川(総1)
【控え選手】
谷(環1)、加藤靖丈(商1)

【試合内容】
第2戦の相手は全日本インカレでも対戦するであろう、明治大学。前日本インカレに向けて勢いをつけるためにもこの試合は絶対に落とせない。入念に準備した対明治大学の作戦で必ず勝利を掴みたいところだ。

・第1セット
序盤相手MB松田のクイックを決められるもののエースWSマルキがスパイクを決め返し試合が開始する。序盤から本塾は清水のクイックや富澤のスパイクや小出のスパイクなど多彩な攻撃で明治大学を翻弄していくのに対して、明治大学は秋リーグスパイク賞のMB三輪のクイックを中心に攻撃を組み立て、サイドアウト合戦が続き10-15と明治大学にリードされる。しかしここで樫村のブロックやS吉田のスパイクにより点差を縮め、さらに吉田の2本連続サービスエースで16-17と点差を縮める。その後相手WS鎌田にスパイクを決められるも、小出のサーブで相手を崩し5連続ブレイクをとり、ついに21-20と逆転に成功する。終盤三輪に2連続スパイクを決められるも最後は長いラリーの末相手のミスにより26-24でこのセットを奪う。

・第2セット
第1セットを取った勢いでこのセットも奪いたい慶應だが、序盤からサイドアウトの取り合いが続き、8-8までシーソーゲームが続く。しかしここでまたしても相手MB三輪に苦しめられ、ブレイクを許す。引き離したい慶應はWS加藤真をマルキの代わりに起用するも、相手のOB加藤さんに苦しめられ5連続ブレイクを許し15-20と大きく差を広げられる。しかし清水が宮浦をシャットアウトするなど慶應も巻き返しを図るものの、宮浦にサービスエースを取られるなど流れを引き寄せることが出来ない。最後は相手S上林にダイレクトアタックを決められ18-25でこのセットを奪われる。

・第3セット
このセットを是が非でも取りたい慶應はマルキの代わりに、宮川を起用し勝負に出るものの、相手S上林のサーブに崩されOP池田のスパイクや、WS小松に富澤や宮川がシャットアウトされ5連続ブレイクを許し1-6と大きくリードを許す。しかし負けじと慶應もエース富澤の2連続サービスエースや吉田のブロックで5連続ブレイクを奪い流れを引き寄せる。互いにブレイクを奪い、奪われあい12-11と中盤を迎える。ここでエース富澤が流れを引き寄せる豪快なスパイクを叩き込み流れを引き寄せるも、相手キャプテン鎌田も負けじとスパイクを決め19-19と点差は広げることが出来ずに勝負は終盤へともつれ込む。小出の一獲千金のサービスエースもあり23-22とリードを奪う。ここでOB立木さん(H30)をピンチサーバーで起用するも惜しくも、点数には結びつかない。24-23とマッチポイントを握った場面もあったが、三輪を封じることが出来ずにデュースへともつれ込む。一進一退の攻防が続くも最後は樫村のクイックが惜しくもアウトの判定となり27-29でこのセットを落とす。

よってセットカウント1-2で本塾の敗戦。

【本日お越しいただいたOBOGの皆様】
久保田さん(S37)
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
内藤さん(S48)
竹内さん(S49)
竹内さん(S51)
阪井さん(S52)
栗田さん(S53)
上原さん(S61)
蕪木さん(H8)
伊夫伎さん(H22)
上田さん(H28)
立木さん(H30)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼いたします。
濱本健人