【戦評】第38回東日本インカレ2回戦 vs 中央大学

各位

日頃よりお世話になっております。経済学部1年の樋口太樹と申します。先日行われました第38回東日本インカレ2回戦、中央大学戦の試合結果をご報告致します。

6月27日(水) 於:北ガスアリーナ46

●慶應義塾大学 0-3 中央大学○
第1セット 18-25
第2セット 20-25
第3セット 15-25

【先発選手】
WS: マルキ(総4)、吉田(法3)
OP: 加藤靖(商2)
MB: 清水(総3)、降(商1)
S: 谷(環2)
Li: 小出(環2)

【交代選手】
富澤(経4)、加藤真(商3)、安達(環1)、髙倉(商1)

【控え選手】
片波見(文4)、宮川(総2)、永田(総2)

【試合内容】
・第1セット
相手のトスミスで1点目を奪った慶應は、MB降のブロックポイントで2点目を奪い2-0とスタートに成功する。しかしその後立て続けに中大にスパイクを決められ2-2と同点とされる。ここからWSマルキ、吉田を中心とした攻撃でサイドアウトの奪い合いを繰り広げていく。序盤は同点のまま推移していくが、徐々に中大にリードを広げられ8-11となったところで慶應は1回目のタイムアウトを要求する。しかしタイムアウト後も中大の強烈なサーブに苦しめられ、なかなか得点することができない。相手のミスで9点目を奪い9-13とすると、ここから再びサイドアウトの応酬となる。そんななか、終盤にかけて再び中大にリードを広げられてしまう。相手の両サイドを中心とした幅広い攻撃と鋭いサーブに苦しめられ、11-17となったところで2回目のタイムアウトを要求する。ところが、2回のタイムアウトを挟んでもなお中大を攻略することはできず、ミスに加えサービスエースによるポイントを与えてしまい、12-19まで点差を広げられてしまう。ここからさらに2点を与えてしまい12-21となったところで、ようやく13点目を奪い相手の連続得点を止める。ここでピンチサーバーとしてS髙倉が投入され、放った鋭いサーブは相手レシーブを乱しブロックポイントを誘う。さらにストレートのライン際に放たれたサーブはノータッチで相手コートに落ち、慶應にムードを呼び込んだ。髙倉の起用に応えるサーブで15-23と差を縮めはしたものの、その後粘りを見せることはできないまま、最後はサーブミスにより18-25で第1セットを先取される。

・第2セット
前セットとは変わって、このセットはOPに富澤を起用して臨む。マルキのスパイクで1点目を奪うものの、ミスによる失点が続いてしまった慶應は序盤から苦しいゲームを強いられる。1-4とされたところで早くもタイムアウトを取り、早急な立て直しを図る。降のクイックで2-4とタイムアウト明けに確実な1点を取るものの、その後すぐに中大のクイックを決められ3-5とされると、ここから互いに譲らぬサイドアウトの奪い合いが繰り広げられる。途中、吉田の強烈なジャンプサーブによるサービスエースなど随所に好プレーを見せた慶應は、中大相手に互角に戦いゲームは中盤に突入する。一進一退の攻防の中ゲームが動いたのは12-12の場面で迎えた中大WS中野のサーブ。ここで慶應の攻撃が相手に切り返され12-14と2点差をつけられたところで慶應は1回目のタイムアウトを要求する。1点を与えたのち相手のサーブミスで13-15とすると、その後ふたたびサイドアウトの応酬が続く。なかなか点差を縮めることができない中、中盤にかけて再び中大にリードを広げられてしまう。中大WS鍬田のジャンプサーブを対処することができず、クイックの使えない状態からの攻撃を切り返され、一気に17-23までリードを広げられてしまう。ここでレシーバーとしてWS加藤真が起用され、その期待に応えるべくレフトからスパイクを決め18-23とする。ここから吉田のスパイクで19点目を奪い、中大に迫る。しかし中野にライトから決められセットポイントを握られると、最後は鍬田のバックアタックで25点目を奪われ、20-25で第2セットも連取される。

・第3セット
なんとかセットを奪い反撃に出たい慶應であったが、このセットも苦しい立ち上がりからゲームは進んでいく。0-2から相手のサーブミスで1点を取るものの、中大の鋭いサーブに苦しめられ1-5とされたところで早くも1回目のタイムアウトを取る。なんとか中大相手に食らいついていきたい慶應は、点差こそ縮めることはできないものの気迫のあるプレーでサイドアウトを切っていく。途中、マルキの強烈なインナースパイクなど好プレーが見られ、6-8と徐々に点差を縮めていく。しかし、中盤に差しかかった場面で再び中大のサーブを前にサイドアウトをとることができず、7-13となったところで慶應はタイムアウトを使い果たす。マルキのスパイクで8点目を奪い反撃に出たいところであったが、中大に流れを完全に握られてしまい8-15と点差を広げられてしまう。そんな中、相手のミスに加え富澤のブロックポイントにより連続得点を奪い10-15としたところで中大が1回目のタイムアウトを取る。タイムアウトにより再びムードを取り戻した中大に対して慶應は明確な打開策を見出すことができず10-20とさらにリードを広げられてしまう。相手のサーブミスでなんとか11点目を取ると、ここから途中出場の加藤靖、WS宮川が意地をみせ、得点を奪っていく。13-21と一時は点差が縮まるものの、20点を超えて攻撃のギアを上げた中大を前に粘りを見せることができず、最後は中大の鍬田に決められ15-25でこのセットも奪われ、試合終了。
よって、セットカウント0-3で本塾の敗北。

それでは失礼致します。

樋口太樹