【戦評】第37回東日本インカレ2回戦 vs 国際武道大学

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科1年の勝呂亘と申します。先日行われました東日本インカレ2回戦 国際武道大学戦の試合結果をご報告いたします。
6月22日(金)於:キッコーマンアリーナ
○慶應義塾大学3-1国際武道大学●
第1セット 25-19
第2セット 25-12
第3セット 23-25
第4セット 25-19

【先発選手】
WS: マルキ(総3)、小出(環1)
OP: 富澤(経3)
MB: 清水(総2)、樫村(総2)
S : 吉田(法2)
Li. : 永田(総1)
【交代選手】
宮川(総1)
【控え選手】
岩本(商4) 片波見(文3) 谷(環1)本多(商3) 赤川(理2) 加藤靖(商1)
【試合内容】
前日の試合では快勝し東日本インカレ1回戦を無事突破した本塾バレーボール部。本日22日からの試合は1日に2試合というハードなスケジュールとなっている。そのようななか1試合目の相手は関東2部の国際武道大学。この試合も快勝し次の駒澤戦につなげていきたいところである。
・第1セット
相手のスパイクミスにより先制点を手にした本塾は序盤にOP富澤のブロックやスパイクにより2つのブレイクを奪い4-2と、スタートダッシュに成功する。その後は相手セッターのトス回しやツーアッタクに翻弄され、一時は国際武道大に8-7と一点差まで詰められるところはあったものの、本塾はルーキーのWS小出の正確なブロックアウトなどで得点を重ねる。中盤は両校互いに譲らないサイドアウトのとりあいになるがそこで終盤にかけて抜け出したのは本塾。国際武道大からサイドアウトを1つで取り、本塾はブレイクを奪うという理想的な展開をくりひろげ、25-19でこのセットをものにする。
・第2セット
幸先よく1セット目を先取した本塾はこのセットではWSマルキのスパイクやMB樫村のサービスエースなどでいきなり一挙7点ブレイクする。7-0と大差をつけた本塾だったが、その後サーブミスから始まりお見合いなどで相手にブレイクを許してしまう。それでも11-5と大差をつけている本塾は次のサイドアウトを1つでとり、その直後にS吉田のサービスエースなどで再びブレイクを奪う。17-7と余裕の生まれた本塾はここでWS小出に代わり1年生WS宮川を投入する。その後はWS宮川の起用にこたえるスパイクやMB清水の2連続サービスエースなどで21点から25点までブレイクで終わらせる展開であった。このセットは度重なるブレイク奪取により25-12と快勝する。
・第3セット
前セットはブレイク面で功を奏し波に乗っていた本塾だったがこのセットはミスが重なり、逆に国際武道大の5連続得点から幕をあける。早いうちに点差を縮めたい本塾だが国際武道大が確実にサイドアウトを一つで切り、本塾はなかなか点差を詰めることができない。それでもブレイクで近づきたい本塾はOP富澤のスパイクやWSマルキのブロックで12-15と少しずつ差を詰めていく。そのまま追いつき追い越したい本塾は終盤にMB清水のサービスエースなどで6連続ブレイクを奪い21-23と2点差まで詰め寄る。しかし最後にあともう一回のブレイクがなく追いつけずにこのセットを落としてしまう。
・第4セット
前セットの悪い流れを断ち切りこのセットを取り勝利したい本塾だがまた3連続ブレイクを奪われるスタートと、このセットも苦しい立ち上がりとなる。それでも武器であるブロックを生かし、序盤のうちに5連続得点を奪い0-3だったスコアを7-5まで戻し、逆転に成功する。その後はシーソーゲームとなり、5連続得点で得たリードをキープしながら試合が進む。相手のダブルコンタクトやスパイクミスに助けられながらサイドアウトを取った場面も目立ったが、最後にはMB樫村やWSマルキのスパイクポイントで21ー19からだめ押しの4連続ブレイクを奪い25-19とし、このセットを奪い、試合に決着をつけた。
よってセットカウント3-1で本塾の勝利。
関東2部の国際武道大を撃破し東日本インカレ2回戦を突破した。本塾はダブルヘッダーの1試合目であったこの試合に勝ったので同日におこなわれる駒澤戦にコマを進めた。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】

久保田さん(S37)
隅田さん(S45)
栗田さん(S53)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼致します。
勝呂亘