【戦評】第37回東日本インカレ1回戦 vs 東北公益文科大学

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科1年の勝呂亘と申します。先日行われました東日本インカレ1回戦 東北公益文科大学戦の試合結果をご報告いたします。
6月21日(木)於:浦安市総合体育館
○慶應義塾大学3-0東北公益文科大学●
第1セット 25-9
第2セット 25-20
第3セット 25-18

【先発選手】
WS: マルキ(総3)、小出(環1)
OP: 加藤靖(商1)
MB: 清水(総2)、樫村(総2)
S : 吉田(法2)
Li. : 永田(総1)
【交代選手】
浦部(総3) 加藤真(商2) 宮川(総1)加藤靖(商1)
【控え選手】
岩本(商4) 片波見(文3) 谷(環1)
【試合内容】
春リーグ、早慶戦と続き、夏前最後の公式戦せある東日本インカレが幕を開ける。この大会は負けたら終了のトーナメント方式でおこなわれる。本塾1回戦は東北2部の東北公益文科大学と対戦する。
・第1セット
WSマルキのスパイクポイントで幕を開けたこの試合、本塾は相手のミスにも助けられて、いきなり5-0といい立ち上がりを見せる。その後もMB清水のテンポの早いクイックなどで必ずサイドアウトを一本でとり、その直後にブレイクを奪う展開を繰り返した。そのようにして本塾は中盤には17-5と圧倒的な差をもってこのセットの主導権を握る。東北公益文科大MB五十嵐サービスエース奪われる場面もあったものの、OP加藤の強烈なスパイクでサイドアウト、MB清水のブロックブレイクを奪う。最後にはまたもやOP加藤がスパイクを決め、25-9という大差をつけてこのセットをものにする。
・第2セット
前セット同様、いい立ち上がりを見せた本塾はこのセットもMB樫村のクイックから先制し4連続ブレイクを奪う。しかしその後は東北公益文科大のエースであるWS川井にスパイクを決められ、なかなかブレイクを奪うことができない。それでも本塾は9-6からWS小出が2本連続でスパイクを決め、流れを引き寄せる。一気にブレイクで差をつけたかった本塾だが、東北公益文科大のOP安部に2本連続サービスエースをとられ13-10と詰められる。なんとかして悪い流れを断ち切りたかった本塾はPS浦部を投入する。ブレイクこそ取れなかったものの、最後はMB清水がクイックで25点目を奪い、このセットも勝利する。
・第3セット
3セット目も確実にとってストレート勝ちしたい本塾だったがこのセットは序盤に大きくリードすることができない。逆に序盤には東北公益文科大に3連続ブレイク奪われ、この試合始めて4-5と逆転されてしまう。その後はこのセットよりMB清水に代わって入ったMB片波見のスパイクなどで小さなブレイクを積み重ねる。ここからはシーソーゲームが続くが、22-15となった場面、WS小出に変えてWS宮川が起用される。WS宮川は直後にスパイクを決め、大学公式戦初得点となり起用に応えた。最後はWS宮川と再びチェンジしてコートインしたWS小出がスパイクを決め、25-18でこのセットも勝利した。

よってセットカウント3-0で本塾の勝利。東日本インカレ1回戦突破となった。また、明日(22日)に関東2部の国際武道大と試合を行うことが決まった。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】

夛田さん(S38)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼致します。
勝呂亘