【戦評】第37回東日本インカレ第3回戦 vs 駒澤大学

日頃よりお世話になっております。法学部法律学科2年の増田広樹と申します。先日行われました東日本インカレ第3回戦 駒澤大学戦の試合結果をご報告いたします。

6月22日(金)於:キッコーマンアリーナ
○慶應義塾大学3-2駒澤大学●
第1セット 25-19
第2セット 25-22
第3セット 21-25
第4セット 22-25
第5セット 15-11
【先発選手】
WS: マルキ(総3)、小出(環1)
OP: 富澤(経3)
MB: 清水(総2)、樫村(総2)
S : 吉田(法2)
Li. : 永田(総1)
【交代選手】
岩本(商4) 宮川(総1)
【控え選手】
浦部(総3)片波見(文3) 谷(環1)本多(商3) 加藤靖(商1)
【試合内容】
本日の2試合目、相手は関東大学1部リーグでも対戦する駒澤大学。3日目に進むため何としても勝利したい。
・第1セット
こちらのサーブミスで駒澤大学に先制されるも、タイムアウト後から相手WS谷平のアタックやブロックで連続得点する。その後も相手OP橋本の力強いアタックを決められる。突き離されまいと、WSマルキの高いブロックで阻み、25-19で第1セットを取る。
・第2セット
相手WS森田にストレートを撃ち抜かれ先制される。しかしサービスエースやWSマルキやOP富澤の攻撃で流れを引き寄せる。相手に序盤からミスが目立ち、点差が開く。しかし中盤、駒沢大学がピンチサーバーで流れを変えようとする。しかしWS小出らスパイカー陣が得点を重ねて、序盤の点差を守り、25-22でこのセットを取る。
・第3セット
駒澤大学はオポジットを交代。相手OP齋藤にアタックを決められ、序盤からリードされて試合が進む。こちらもOP富澤のスパイクなどで反撃するがミスが重なり終始リードされる展開で、最後も相手OP齋藤にアタックを決められセットを落とす。
・第4セット
立ち上がりは、サーブミスなどから失点が重なる。しかし相手WS谷平のサービスエースなどで流れを失う。中盤にWS小出やOP富澤の攻撃で逆転し、一進一退の攻防となる。終盤から再び劣勢になり、相手MBにクイックを決められこのセットを落とし最終セットへ。
・第5セット
相手OP齋藤にアタックを決められるもOP富澤やWSマルキのスパイクなどで取返し、中盤からOP富澤の高さとパワーのあるアタックが炸裂し、15-11でこのセットを取る。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
久保田さん(S37)
隅田さん(S45)
栗田さん(S53)
万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼致します。

増田広樹