【戦評】秋季リーグ戦第8日 vs 明治大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、秋季リーグ戦第8日目の試合結果をご報告いたします。

9月30日(土)於:小田原アリーナ
●慶應義塾大学1-3明治大学 ○
第1セット 26-24
第2セット 21-25
第3セット 23-25
第4セット 22ー25

【先発選手】
WS:黒田(環4)、マルキ(総2)
OP:富澤(経2)
MB:佐藤康(環4) 、樫村(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
尾木(法4)、岩本(商3)、浦部(総2)、清水(総1)
【控え選手】
増田(環4)、五味渕(環2)

【試合内容】
前週、2連勝を収めた本塾は勢いそのままに今週も試合に挑む。相手はリベロ小川を中心とした守りからリズムを作り攻撃に転じエース加藤のスパイクで得点を多くあげるチーム。慶應は力強いサーブと強固なブロックで勝利を掴みたいところである。

・第1セット
WS黒田のスパイクで先制した慶應だが、黒田とMB樫村が連続シャットアウトされる。WS富澤のスパイクで2−2としたものの、OP池田にサーブに苦しみ2−5とリードを許す。WSマルキや富澤、S吉田のスパイクで得点を重ねさらに吉田がサービスエースを奪うなど9−7と逆転する。その後追いつかれるものの吉田のスパイクやダイレクトでリードを広げる。しかし、相手のMB佐伯の活躍でまた追いつかれここからSシーソーゲームが続く。慶應は黒田やマルキを中心に得点を重ね、最後はMB佐藤、富澤がスパイクを決め26−24の接戦を制しこのセットを奪う。

・第2セット
序盤から慶應にミスが続出し、さらに相手のMB松田と池田にサービスエースを奪われ2−9とリードを許す。流れを変えるために清水を投入した慶應はすぐに息を吹き返し、清水が立て続けにクイックを決め流れを作ると富澤もサービスエースを奪い11−9と逆転する。しかしWS加藤とWS鎌田にスパイクを決められると流れが完全に明治に傾き富澤が気を吐きスパイクを決めるも虚しく21−25でこのセットを落とす。

・第3セット
富澤が加藤をシャットアウトするとマルキがサービスエースを奪い順調な滑り出しを見せた慶應は流れを完全に掴みたいが明治の堅い守りに阻まれ終盤まで一進一退の攻防が続く。富澤が次々とスパイクを決めるが、明治も加藤や鎌田を中心に攻撃を仕掛け慶應はブロックを絞りきれない。一方の明治はトスが単調になったところで意表をつく吉田のツーアタックをもシャットし20−22と点差をつけ突き放しにかかる。富澤のスパイクで反撃に出た慶應だがサイドアウトをきっちりと取ってくる明治に対し点差は縮まらず23−25でこのセットを落とす。

・第4セット
黒田が序盤から2本スパイクを決めたものの佐伯に2連続シャットアウトをされ、さらにミスも連発してしまい4−10とされこのタイミングで2回のタイムアウトを使い切ってしまう。後がなくなった慶應はマルキ、富澤を中心に攻撃を仕掛ける。すると4度のブレイクに成功し15−17と明治にじわじわと詰め寄る。そして富澤と黒田がそれぞれ2連続得点を挙げると21−21と同点に追いつく。しかし明治は慌てることなく佐伯と池田にスパイクを決められ、ここまで効果率の高かった富澤にトスを回すもミスになってしまう。この後富澤がスパイクを決めるも、再びミスをしてしまい22−25でこのセットを落とす。

よってセットカウント1-3で本塾の負け。3勝5敗で第9戦に挑む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
市川さん(S25)
亀田さん(S36)
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
諏訪さん(S51)
阪井さん(S52)
栗田さん(S53)
谷口さん(S62)
藤澤さん(H4)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真