【戦評】秋季リーグ戦第7日 vs 日本大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、秋季リーグ戦第7日目の試合結果をご報告いたします。

9月24日(日)於:深谷ビッグタートル
○ 慶應義塾大学3-1日本大学 ●
第1セット 25-21
第2セット 18-25
第3セット 25-23
第4セット 25ー21

【先発選手】
WS:黒田(環4)、マルキ(総2)
OP:富澤(経2)
MB:佐藤康(環4) 、樫村(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
尾木(法4)、岩本(商3)、清水(総1)
【控え選手】
増田(環4)、浦部(総2)、五味渕(環2)
【試合内容】
前日の勝利で勢いに乗る本塾は今季リーグ初の連勝をかけて日本大学戦に挑む。相手はエース郡を中心に攻撃力の高いチーム。本塾は自慢のサーブと堅実なブロックで相手の攻撃を封じ込め勝利を掴みたいところである。

・第1セット
MB佐藤が相手のWS菅原のバックアタックをシャットアウトし、幸先の良いスタートを切った慶應は序盤からWS黒田が次々とスパイクを決めていく。しかし菅原にレフトから3本のスパイクポイントと慶應のミスが重なり7−9とリードを許してしまう。流れを変えたい慶應はWSマルキのスパイクとサービスエースで9−9の同点に追いつき更にOP富澤のスパイクでリードを奪う。流れを掴んだ慶應はMB樫村のクイックで確実に点数を重ね、終盤まで安定した戦いを見せる。そして最後はマルキがレフトからインナーにスパイクを叩き込み25−21でこのセットを奪う。

・第2セット
序盤から相手のWS郡にスパイクを決められ、その流れに乗った菅原やOP小田にも次々とスパイクを決められ4−9となる。マルキのスパイクで点数を返していくもののその後は互いにサイドアウトの応酬が続きなかなか点差が縮まらない。この状況を打開しようとベンチはピンチサーバーを続々と起用するものの効果は上がらず、終盤我慢が続かなかった慶應にミスが出て18−25でこのセットを落とす。

・第3セット
富澤のプッシュで先制するものの郡、菅原にスパイクを決められ1−4とリードを許す。流れを変えるために清水を投入する。すると清水が期待に応えクイックを決めチームに勢いをもたらす。さらに吉田のブロックやマルキのスパイクとサービスエースで一気に得点を重ねていく。清水がBクイックを叩き込み21−18とするがそこから相手のクイックに得点を挙げられ21−22と逆転を許してしまう。しかし富澤のスパイクで勢いを取り戻し、最後は吉田のダイレクトが決まり25−23でこのセットを奪う。

・第4セット
このセットは序盤から富澤、吉田、佐藤の3人を中心に相手のWS郡、菅原をシャットアウトし7−3とこのセットの流れを掴む。さらに絶好調清水、マルキのスパイクが次々と決まり15−8とする。しかし次第に慶應にミスが増え、20−19と詰め寄られる。なんとかこの流れを切りたい慶應は富澤にトスを集め富澤はしっかりと決め切りエースの役割を果たす。そしてこの試合躍動した清水もクイックを決め、最後は大黒柱黒田がスパイクを決め25−21でこのセットを奪う。

よってセットカウント3-1で本塾の勝利。3勝4敗で第8(対明治大学)戦に挑む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
隅田さん(S45)
谷口さん(S62)
金井さん(S63)
藤原さん(H5)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真