【戦評】秋季リーグ戦第6日 vs 中央大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、秋季リーグ戦第1日目の試合結果をご報告いたします。

9月23日(土)於:深谷ビッグタートル
○ 慶應義塾大学3-1中央大学 ●
第1セット 25-20
第2セット 25-22
第3セット 17-25
第4セット 26ー24

【先発選手】
WS:黒田(環4)、マルキ(総2)
OP:富澤(経2)
MB:佐藤康(環4) 、樫村(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
尾木(法4)、岩本(商3)、浦部(総2)、五味渕(環2)
【控え選手】
増田(環4)、清水(総1)
【試合内容】
前週、3連敗を喫し苦しい状況の本塾は目標の上位進出のためにはもう負けることは許されない。対戦相手は中央大学。主力2人を全日本で欠いているが安定した戦いを見せている今季リーグ。攻めの姿勢を続け勝利を掴みたいところである。

・第1セット
両者のミスから始まったこのセットは、MB樫村・WS黒田のスパイクで得点をあげる。相手のWS武智に2連続サービスエースを奪われるものの再び樫村のクイックや黒田のサービスエースで追いつく。中盤に入ると相手のミスで流れを掴んだ慶應はS吉田のサービスエースやOP富澤のスパイクやサーブでの活躍が光り、最後は樫村のクイックが決まりこのセットを25−20で奪う。

・第2セット
富澤のブロックで始まったこのセットは前セットに続き武智のミスが目立つ。すると相手は武智に変え富田を投入する。すると相手は落ち着きを取り戻し、OP谷口、WS中野を中心にスパイクを決め勢いを取り戻す。一方の慶應はWSマルキや樫村のスパイクが次々に決まり、さらに吉田のブロックが決まりリードを奪う。途中から入った富田に強烈なスパイクを決められじわじわと詰め寄られるが冷静にMB佐藤康がダイレクト押し込むと相手にミスが出て23−20となる。。そして最後はWS黒田がスパイクを決め25−22でこのセットを奪う。

・第3セット
相手のMB平田がAクイックを決めると佐藤康も強烈なAクイックでお返しと言わんばかりのスパイクを決める。この勢いのままこのセットも連取したい慶應だが平田のクイックに翻弄されそこに谷口や富田のスパイクが加わりどうにも止められず5−11とリードを許してしまう。この状況を打破するため守備に定評のあるWS岩本を投入すると、安定したレシーブからスパイクを決めチームに勢いを戻す。しかし再び平田のクイックが炸裂し流れを完全に渡してしまい17−25でこのセットを落とす。

・第4セット
序盤慶應にミスが出たものの富澤、マルキを中心にスパイクで流れを取り戻し、マルキのサービスエースで8−8の同点に戻す。さらに慶應の勢いが止まらず、富澤のスパイクが炸裂し11−9とする。黒田のスパイク、吉田のブロック相手のミスで15−12でさらに突き放す。相手のピンチサーバー須戸にサービスエースを奪われると徐々に流れを渡してしまい、谷口にスパイクを決められ18−20と逆転を許してしまう。しかしここでもマルキ、富澤が踏ん張り次々と得点を挙げていく。そしてデュースにもつれたこのセットも最後は富澤が武智をシャットアウトし26−24でこのセットを奪う。

よってセットカウント3−1で本塾の勝利。2勝4敗で第7(対日本大学)戦に挑む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
栗田さん(S53)
宮城さん(H9)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真