【戦評】秋季リーグ戦第5日 vs 早稲田大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、秋季リーグ戦第5日目の試合結果をご報告いたします。

9月18日(月)於:キッコーマンアリーナ
●慶應義塾大学1-3早稲田大学 ○
第1セット 25-23
第2セット 15-25
第3セット 21-25
第4セット 20ー25

【先発選手】
WS:黒田(環4)、マルキ(総2)
OP:富澤(経2)
MB:佐藤康(環4) 、樫村(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
尾木(法4)、岩本(商3)、浦部(総2)、清水(総1)
【控え選手】
増田(環4)、五味渕(環2)
【試合内容】
この試合は早くも今季3度目の対戦となる早稲田大学戦。早慶定期戦、東日本インカレと完敗を喫している本塾は、今回こそ絶対に負けられない戦いである。3連戦の集大成であり、リーグ前半の最終戦であるこの試合を勝利目指し戦いに挑む。

・第1セット
序盤はMB武藤にCクイックを3本決められるが慶應はWS藤中のミスに救われ3−3の同点になる。その後はMB樫村のクイックで得点を挙げるが早稲田もWS加賀、OP宮浦も同様に得点を挙げ一進一退の攻防が続く。我慢が続いた慶應は、早稲田の3連続ミスとWS黒田のサービスエースで4連続得点を奪う。すると早稲田はMB村山を投入しその村山がスパイクを決めるなど、流れを取り戻す。慶應も負けじとWSマルキ、MB佐藤康のスパイクで得点を重ねていく。しかし黒田の3連続シャットアウトを含む4連続得点を許し16−18と逆転を許す。しかし黒田がスパイクを決めピンチサーバー尾木を投入すると早稲田のミスを誘い19−18と逆転に成功する。さらにOP富澤がスパイクやサーブで躍動し最後も自分のスパイクがレシーブされ返って来たボールをダイレクトスパイクで押し込み25−23でこのセットを奪う。

・第2セット
この試合絶好調の富澤を中心に攻めていく慶應だが、S小林のサーブに崩され5−9とリードを許す。慶應はマルキのスパイクや佐藤康のブロックで反撃に出たものの今度は早稲田のL堀江を中心とした強固なディフェンスに苦しみ9−16と突き放される。さらにもう一度5連続得点を許すなどこのセットは全体的に苦しい展開となった慶應は15−25でこのセットを落とす。

・第3セット
富澤と佐藤康にブロックポイントが飛び出すなど幸先の良いスタートを切った慶應だがサーブミスやコンビミスで4連続失点などで6−10となる。その後はこのセットから起用されたMB清水のクイックが炸裂するなど一進一退の攻防が続く。しかし早稲田のOP宮浦のスパイクやブロックで14−20と大きく点数が開いてしまう。その後S吉田が途中出場のWS喜入を1枚でシャットアウトするなど2度連続得点を奪うも21−25でこのセットを落とす。

・第4セット
このセットも序盤から黒田、富澤、佐藤康を中心に得点を重ねていく。しかし10−12から小林のサーブに苦しみ6連続得点を許してしまい10−18となる。富澤が意地のスパイクで反撃するもののなかなか点差はつまらない。しかしツーアタックや前セットと同様に喜入をシャットアウトするなど吉田が2連続得点をあげ、慶應は3連続得点を2度奪い19−23とじわじわと追い上げる。しかしその甲斐虚しく最後は藤中にスパイクを決められ、20−25でこのセットを落とす。

よってセットカウント1−3で本塾の負け。1勝4敗で第6(対中央大学)戦に挑む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
市川さん(S25)
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
栗田さん(S53)
谷口さん(S62)
綿田さん(S62)
伊夫伎さん(H22)