【戦評】秋季リーグ戦第5日 vs 早稲田大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科1年の勝呂亘と申します。先日行われました秋季リーグ戦第5回戦 早稲田大学戦の試合結果をご報告いたします。

9月22日(土)於:小田原アリーナ
●慶應義塾大学0-3早稲田大学○
第1セット 22-25
第2セット 16-25
第3セット 19-25

【先発選手】
WS: 加藤真(商2)、小出(環1)
OP: 富澤(経3)
MB: 清水(総2)、樫村(総2)
S : 谷(環1)
Li. : 岩本(商4)
【交代選手】
加藤靖(商1) 永田(総1) 宮川(総1)
【控え選手】
マルキ(総3) 片波見(文3) 五味渕(環3) 吉田(法2)
【試合内容】
秋季リーグ第5戦の相手は早慶戦、東日本インカレで激戦の末、敗戦した宿敵早稲田大学。決定力の高い選手が揃ったチームであるだけにサーブとサイドアウトが重要な一戦となる。
・第1セット
長いラリーの末春リーグ最優秀選手であるWS藤中をOP富澤がブロックし1点目を奪った慶應はMB樫村のサービスエースで2-0とする。直後にはS小林のサーブで得点を奪われてブレイクされるものの今度はMB清水がMB村山のクイックをコミットブロックで完全にシャットアウト、すぐに同点とする。その後は早稲田大のスパイクミスに助けられながらもサイドアウトを重ね、互いに譲らないゲーム展開となる。ここで一歩抜け出したのは早稲田大、WS鵜野のスパイクが立て続けに決まり慶應は13-16とされタイムアウトを要求する。直後慶應は富澤のスパイクと早稲田大のミスで1点差に迫る。しかしその後もあと少しのところで追いつけず、20-21の場面でS谷に変えOP加藤靖をブロック強化として投入。この場面で早稲田大にミスが生まれ同点となると立て続けにWS小出に変えWS宮川を投入。しかし最後は22-23から藤中のスパイク、小林のブロックで22-25。僅差ではあったもののこのセットを落としてしまう。
・第2セット
1セット目を落とし切り替えが必要な慶應であったがこのセットは序盤から早稲田ペースに持ち込まれる。MB武藤の左利きの独特なクイックを攻略出来ず立て続けにクイックで失点してしまう。3-5からまたもや武藤のサーブでサーブレシーブを乱され3-7とされる。ここで慶應はタイムアウトで立て直しを図るがブレイクを奪えない苦しい展開が続く。6-11からMB村山のサービスエースを含む3連続ブレイクを取られると慶應は再びタイムアウトを要求する。その後はMB樫村のブロックやクイックで少しづつブレイクを奪い点差縮めるものの、鵜野やOP宮浦の攻撃が得点になり早稲田ペースから抜け出せない。富澤が気迫のあるスパイクを決めるもののなかなか慶應は流れを引き寄せられないまま終盤へ突入する。慶應のミスでセットポイントを握られると最後は藤中のスパイクで16-25。学生チャンピオン早稲田大に貫禄を見せつけられたかたちでこのセットを落としてしまう。
・第3セット
2セットを連取された慶應はこのセットも立ち上がりから苦しい展開をしいられる。3-4から鵜野、村山、宮浦のスパイクでブレイクされ3-8になる。多彩な得点源で的を絞らせない早稲田大相手にこのタイミングでタイムアウトを使う。それでも流れは早稲田大にあり、慶應はなかなかサイドアウトを一本で取ることができない。清水のクイックが決まるもそのあとにブレイクが奪えず逆に武藤にダイレクトを決められたところで6-14、2回目のタイムアウトを要求する。この後、樫村のクイックでサイドアウトを奪うと富澤のスパイク、樫村のブロックでブレイクを取り10-15とする。中盤に少しでも点差を縮めたい慶應であったが早稲田意地を見せ突き放しにかかる。慶應は流れを変えるためPS五味渕を投入。しかしこれをラリーの末宮浦がダイレクトで慶應のコートに落とすと終盤はサイドアウトの取り合いで試合が進んでしまう。19-24から最後は鵜野のエンドライン際へのプッシュが決まり19-25。
よってセットカウント0-3で本塾の敗北。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】

久保田さん(S37)
隅田さん(S45)
諏訪さん(S51)
栗田さん(S53)
滝澤さん(S58)
佐藤さん(H30)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼致します。
勝呂亘