【戦評】秋季リーグ戦第4日 vs 筑波大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、秋季リーグ戦第4日目の試合結果をご報告いたします。

9月17日(日)於:キッコーマンアリーナ
●慶應義塾大学0-3筑波大学 ○
第1セット 21-25
第2セット 20-25
第3セット 20-25

【先発選手】
WS:黒田(環4)、マルキ(総2)
OP:富澤(経2)
MB:佐藤康(環4) 、樫村(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
尾木(法4)、岩本(商3)、五味渕(環2)、本多(商2)
【控え選手】
増田(環4)、清水(総1)
【試合内容】
開幕戦を勝利で飾ったものの、連敗を喫し嫌なムードが漂う慶應はなんとかこの試合でこの流れを払拭したいところである。第4戦の相手はセッターの中根を中心に組織力が非常に高い筑波大学。慶應は自慢のサーブから攻撃の糸口を見つけ、勝利を掴みたいところである。

・第1セット
連敗から来ているものなのか慶應の選手の動きに固さが見え、序盤からWS秦、OP小澤に次々とスパイクを決められ2-8とリードを許してしまう。すると攻撃力の高い慶應のS吉田のツーアタックでなんとかサイドアウトをとった慶應は次第に本来の動きを取り戻し、相手のミスとOP富澤の2連続シャットアウトで10-10の同点にする。その後はMB佐藤康のBクイックや富澤のスパイクで得点を挙げていく。さらにピンチサーバー尾木のサーブがサービスエースを奪う。しかし、筑波は終盤に入り2枚替えが功を奏し16-22となる。差を詰めたい慶應だが最後はOP吉田にスパイクを決められ21-25でこのセットを落とす。

・第2セット
WS黒田と富澤を中心に攻撃を仕掛け、得点を重ねていく。しかし筑波の強烈なジャンプサーブに崩されさらに2枚替えで一気に12-16と突き放される。さらに慶應にミスが出て得点源の富澤もシャットアウトされ14-20となる。その後は樫村やWSマルキのスパイクで反撃に出たものの最後はMB田城にAクイックを決められ20-25でこのセットを落とす。

・第3セット
このセットも筑波の強烈なサーブにレシーブが乱され、筑波の様々なコンビネーションスパイクでリードを許される。慶應も佐藤康や富澤、黒田と様々な攻撃を繰り返しじわじわと筑波に詰め寄る。そして吉田のサーブで相手のレシーブを崩し14-16と2点差まで詰めたところでタイムアウトを取られ、流れが切れてしまう。ここから黒田が意地のスパイクを決めるものの反撃及ばず、20-25でこのセットを落とす。

よってセットカウント0-3で本塾の負け。1勝3敗で第5(対早稲田大学)戦に挑む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
隅田さん(S45)
塩坂さん(S46)
竹内さん(S49)
諏訪さん(S51)