【戦評】秋季リーグ戦第2日 vs 順天堂大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科1年の勝呂亘と申します。先日行われました秋季リーグ戦第2回戦 順天堂大学戦の試合結果をご報告いたします。
9月9日(日)於:駒澤オリンピック公園総合運動場体育館
●慶應義塾大学1-3順天堂大学○
第1セット 25-23
第2セット 27-29
第3セット 21-25
第4セット 21-25
【先発選手】
WS: マルキ(総3)、小出(環1)
OP: 富澤(経3)
MB: 清水(総2)、樫村(総2)
S : 吉田(法2)
Li. : 岩本(商4)
【交代選手】
加藤真(商2) 谷(環1) 宮川(総1)
【控え選手】
片波見(文3) 浦部(総3) 永田(総1) 加藤靖(商1)
【試合内容】
秋季リーグ戦第2回戦の相手は春リーグ4位と好成績を残した順天堂大学。攻守にバランスのとれたチームであるだけにファーストサイドアウトが重要な試合になってくる。昨日の敗戦から切り替えて秋季リーグ戦初勝利に向け戦う。
・第1セット
順天堂大学の1年生OP岡本のスパイクポイントから幕を開けたこの試合はいきなりブレイクを奪われ0-3となってしまう。それでもWS小出の絶妙なフェイントでサイドアウトを奪うとWSマルキのスパイクとOP富澤のサービスエースで追いつくと、次はMB樫村がサービスエースを取り6-5と逆転する。しかしここから慶應はWS関本のスパイクを攻略できず度々ブレイクを奪われ差をつけられてしまう。10-11から岡本のスパイク、慶應のスパイクミス、WS浅田のスパイクで3連続ブレイクを奪われここで慶應はタイムアウトを要求する。それでも止まらない順天堂大学は浅田のサービスエースや関本のブロックで12-18とされてしまう。流れを断ち切りたい慶應は2回目のタイムアウトをここで要求する。すると今度はWS小出にサービスエースが飛び出し次のサーブも相手を崩し樫村がダイレクトに相手コートに叩きつける。15-18と相手の背中を捕らえる。その後もサイドアウトはきっちり1本で切りブレイクを奪う理想的な展開で20-21からマルキがサービスを奪い同点とする。たまらず順天堂大学はタイムアウトを要求するが流れは完全に慶應に傾いており最後はMB清水のクイックやMB樫村のブロックでブレイクし25-23でこのセットをものにする。

・第2セット
最大7点差ついた第1セットを逆転で勝ち取り流れに乗っている慶應だったがこのセットは序盤からサイドアウトの取り合いでシーソーゲームとなる。しかしこの状況を打破したのは慶應であった。6-6の場面から富澤がスパイクを決め一歩リードすると樫村がブロック、続いてS吉田が強烈なジャンプサーブでサービスエースを奪うと9-6とし順天堂大学にタイムアウト取らせる。その後も相手のスパイクミスやパッシングなどで得点を重ねると試合はそのまま16-12まで進む。しかしここで慶應に2本連続のスパイクミスと関本のスパイクで1点差とされ慶應はタイムアウトを取る。この場面は順天堂大学のサーブミスに救われ追いつかれることはなく24-21とセットポイントまで漕ぎつける。しかしここで慶應のサーブミスで24-22となってからMB中村が富澤を2連続でブロック。セット連取目前で24-24とデュースに持ち込まれてしまう。そのうえこの直後岡本のジャンプサーブでサービスを奪われて追い込まれてしまう。ここは清水の速さのあるBクイックで切り抜けマルキのスパイクで27-26としセットポイントを再び握る。しかしここで順天堂大学はトスを全て1年生WS松下に託す策に出てこれが的中。3連続で松下がスパイクを決め27-29でこのセットを落とす。
・第3セット
セットカウント1-1となって迎えたこの第3セット目は互いにブレイクを奪い合う不安定な試合になる。ここで抜け出したのは順天堂大学。5-6と1点ビハインドの状況から中村の2本サービスエースを含む4点ブレイクを奪われ5-10となり慶應はタイムを要求する。タイムアウト直後は清水がしっかりとクイックでサイドアウトを奪うと次の順天堂大学のサーブから守備強化のために後衛3ローテ分をマルキに変えWS加藤真を投入する。なんとしてもブレイクで追いつきたい慶應であったものの中村の高いクイックとMB田中の速いクイックに苦しめられ追いつくことができない。田中にダイレクトスパイクで得点され12-19とされた場面で慶應はタイムを要求。するとこのタイムで流れが変わる。直後清水がクイックでサイドアウトを奪うと直後のサーブでサービスエース。その後も吉田のサービスエースや樫村のブロックなどで18-20とする。しかしこの後のもう一つのブレイクが奪えず最後は慶應のスパイクミスで21-25。2、3セット目を連続で落としてしまう。
・第4セット
逆転され追い込まれた慶應は4セット目をなんとしても取らなくてはならない。マルキのスパイクで幸先よく得点するが3-4の場面で慶應のS吉田が足をひねってしまい吉田に変わりS谷がコートに立つ。直後、谷のセットからマルキがスパイクを決めるとここから再びサイドアウトの応酬となる。慶應はマルキを中心にサイドアウトを重ね順天堂大学は田中のクイックや松下の時間差攻撃など多彩攻撃で得点を重ねる。試合が動いたのは14-13の場面、慶應のスパイクミスで同点とされると関本のサービスエースなどで14-15と逆転されタイムアウトを要求する。タイムアウト後もなかなサイドアウトを一本でとれずじわじわと差を広げられてしまう。それでも食らいつき21-22とされた場面で2連続ブレイク。21-24で岡本のサーブが無情にもネットインサービスエース、21-25で敗北となる。
よってセットカウント1-3で本塾の敗北。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】

久保田さん(S37)
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
諏訪さん(S51)
栗田さん(S53)
綿田さん(S62)
藤澤さん(H4)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼致します。
勝呂亘