【戦評】秋季リーグ戦第1日 vs 東海大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、秋季リーグ戦第1日目の試合結果をご報告いたします。

9月9日(土)於:船橋アリーナ
○ 慶應義塾大学3-2東海大学 ●
第1セット 17-25
第2セット 25-23
第3セット 20-25
第4セット 25ー20
第5セット 15ー10

【先発選手】
WS:黒田(環4)、マルキ(総2)
OP:富澤(経2)
MB:佐藤康(環4) 、清水(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、谷口(環2)
【交代選手】
尾木(法4)、岩本(商3)、浦部(総2)
【控え選手】
増田(環4)、五味渕(環2)、片波見(文2)
【試合内容】
本塾バレーボール部にとって久々の1部での試合。自分たちの力を全て出し春季リーグ王者の東海大学と対決する。

・第1セット
OP富澤のスパイクで幕を開けたこのセットはこの試合がリーグ戦デビューを飾った1年生MB清水やMB佐藤康がクイックを決めるなど攻守にわたり安定したプレーをし、春季王者に対し遜色ない試合運びを見せる。しかし中盤に入り東海大MB佐藤謙にサービスエースを奪われると本塾のミスが重なり15-20となる。すると東海大はMB神谷やWS鈴木に次々とスパイクを決められ、最後はOP新井に決められ17-25でこのセットを落とす。

・第2セット
序盤はWS黒田や清水のスパイクが決まり、さらにS吉田のブロックが決定する。しかし東海大も高さのあるスパイクが次々と決まり中盤までシーソーゲームが続く。清水がAクイックを決めピンチサーバー岩本が起用されると相手のスパイクミスを誘い15-13とリードを奪う。その後はWSマルキのスパイクが決まり18-15となる。しかし東海大MB佐藤にサービスエースを許すなど3連続得点を許し18-18と同点になる。リードを奪いたい本塾は富澤とマルキにトスを集めそれに応えるように次々と得点を奪う。すると流れも本塾に傾き相手のミスを誘い、最後はマルキがレフトからスパイクを決め25-23でこのセットを奪う。

・第3セット
序盤本塾にミスが続き流れに乗り切れなかったが富澤のスパイクやサービスエースでなんとか食らいつく。その後も富澤のスパイクで確実に得点を重ねる。さらに清水が東海大WS鈴木をシャットアウトしこのセット2本目のサービスエースを富澤が奪い12-12の同点に追いつく。その後黒田のスパイクで点数を重ねたものの、新井や鈴木の高さのあるスパイクに対応できずジリジリと点数が離れていき最後は神谷にクイックを決められ20-25でこのセットを奪われる。

・第4セット
清水や黒田がスパイクを決め、さらにマルキが新井をシャットアウトするなど序盤からいい流れを作った本塾。この流れそのままに清水の2連続得点や、富澤のサービスエースで一気に東海大学を突き放しにかかる。東海大も鈴木や神谷を中心に攻撃を仕掛けてくるが本塾自慢のブロックで攻撃を跳ね返していく。そして吉田やマルキの強烈なジャンプサーブで相手の攻撃を封じ込め20-16と突き放す。さらにピンチサーバー尾木も効果的なサーブを打ち相手のミスを誘い25-20でこのセットを奪う。

・第5セット
このセットは黒田を中心に安定したサーブレシーブから自慢の攻撃陣が躍動する。すると我慢できずに東海大がミスを連続で出し6-4とリードを奪う。また黒田が新井の強烈なスパイクをレシーブしマルキがスパイクを決めるプレーが2本出て流れを完全に掴んだ本塾は黒田にトスを集め確実に得点を重ねていく。そして最後は東海大にミスが出て、15-10でこのセットを奪う。

よってセットカウント3-2で本塾の勝利。第1戦に勝利し、第2(対日本体育大学)戦に挑む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
市川さん(S25)
亀田さん(S36)
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
諏訪さん(S51)
阪井さん(S52)
滝澤さん(S58)
谷口さん(S62)
西原さん(H18)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真