【戦評】春季リーグ戦第8日 vs 国際武道大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、春季リーグ戦第8日目の試合結果をご報告いたします。

4月30日(日)於:亜細亜大学体育館
○慶應義塾大学3-0国際武道大学●
第1セット 25-15
第2セット 25-17
第3セット 25-17

【先発選手】
WS:黒田(環4)、マルキ(総2)
OP:富澤(経2)
MB:佐藤康(環4) 、樫村(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、谷口(環2)
【交代選手】
立木(法4)、尾木(法4)、浦部(総2)、五味渕(環2)
【控え選手】
伊藤(総3)、岩本(商3)
【試合内容】
前日に今季リーグ初の黒星が付いた本塾は入れ替え戦進出のためにも負けられない戦いである。相手の国際武道大学は前日に青山学院大学を3-0で下し勢いに乗っているチームである。この勢いに負けずに勝利を収めたいところである。

・第1セット
この試合はWS黒田のサーブからOP富澤のダイレクトスパイクが決まるラリーから始まる。相手のMB齋藤にサービスエースを奪われるもののMB樫村とWSマルキが国際武道大学のエースWS畠山を1本ずつシャットアウト。そして富澤が2本のサービスエースを奪うなど7連続得点を奪い9-4と相手を突き放す。そして、S吉田のトスワークが冴え渡りサイドからマルキ、富澤がスパイクを放ち中央からは樫村のクイックと相手のブロックを絞らせずこのセットを25-15で奪う。

・第2セット
MB佐藤康のAクイックから始まったこのセットはマルキや吉田のサーブでブレイクに成功する。11-7とリードを広げたところで相手の1回目のタイムアウト。しかし勢いに乗る慶應は佐藤康、樫村の両MBが次々とクイックを決め、富澤がこの試合4本目のサービスエースを奪い、更にピンチサーバー立木もサービスエースを奪う。そして最後はマルキがレフトからスパイクを決め25-17でこのセットを奪う。

・第3セット
このセットは富澤の2連続得点や吉田のツーアタック、樫村のサービスエースなどで11-6とし相手は2回のタイムアウトを使い切る。更に相手がミスを連発し点差が開いたものの慶應は攻撃の手を緩めずマルキ、富澤を中心にスパイクを決め最後は相手のMB鈴木のスパイクミスで25-17としこのセットを奪う。

よって、セットカウント3-0で本塾の勝利。第8戦を勝利で収め、第9戦へ進む。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
久保田さん(S37)
竹内さん(S49)
穂坂さん(S50)
松井さん(S50)
古田さん(S50)
諏訪さん(S51)
田中さん(S51)
竹内さん(S51)
阪井さん(S52)
木下さん(S53)
栗田さん(S53)
澤野さん(S53)
高橋さん(S53)
細野さん(H6)
村田さん(H20)
犬塚さん(H29)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真